学び・学習 考え方

ちょっと待って。そのやり方、本当にあなたに必要?

2016年7月6日

『本質を知らないものに勝利は微笑まない』

ブログの更新には更新頻度が大事という話を聞いた。これは、果たして本当なのだろうか?

私はブログを書く際、構成にかなりの時間をかけている。

物語の始まり。
核となる動きの部分。
伝えたい結論。

それら物語を彩る言葉の選定。

物語がスムーズに進んでいるか何度も読み返し、言い回しや接続詞の編集を行っている。
そのため、1つの物語を書くのに早くても1時間。平均2時間ほどはかかっているのではないかと思う。

しかし、中にはブログを書くのに、1日に15分しか時間をかけない。構成チェックはしない。思いついたままに書く。

という人がいるのだそう。

それの積み重ねで成長するのだとか。

別にそれでいいというのなら構わない。
ただ、それがよく考えられて出された答えでなくてはならない。

スポーツにたとえてみよう。

あなたはサッカーの監督だ。
少年たちにボールの蹴り方を教える。

あなたは少年にどんな指導をするのだろうか?

「上手くなりたいのならまずボールを10個並べるんだ。それを端から順々にゴールめがけて素早く蹴る。

蹴る、蹴る、蹴る。

この反復で上手く蹴れるようになる」

という指導をするだろうか?

間違ってもしないだろう。
確かにこれを繰り返していれば早く蹴る方法は身につくかもしれない。

スポンサーリンク

だが、上達したとはあまり思えない。

早く蹴れる方法が上達したぐらいだ。
では、どう指導するかといえば、まずは基礎的なこと。

「ゆっくりでいいから、ボールがまっすぐ蹴れるようにやってみよう。難しい技術はその後だ。

まずはまっすぐ蹴れるようになることから。時間がかかってもいいから習得しなさい」

というだろう。

つまり、ブログ更新や新たに物事を学ぶ際にはこの点に注目することが大切だと私は思っている。

あなたは今どのステージにいるのか。
これによってやり方は大いに異なる。

時間をかけ、ゆっくりでもいいから毎日コツコツやる。はじめのうちはそれでいい。

そうして意識しているうちにどこが悪いのかがわかるようになってくる。
スピードアップや効率化は基礎が出来るようになってからだ。
そのことを意識もせずにボールを蹴り続けても本質は一向に見えてこない。
今あなたは何を重視すべきなのか、よく見極めよう。流行っているから、有名な人がやっているからで飛びつくのはやめよう。

あなたにはあなたのステージがある。

本日の教訓

■あなたは今どのステージにいるのだろうか?

今いるステージによって、重視しなくてはならないポイントは異なる。得られた情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、今の私は何を重視すべきなのか?と考える癖をつけよう。

有名な人、上級者などとそうでない人では、重視しなくてはならないポイントは異なる。

スポンサーリンク

-学び・学習, 考え方
-

© 2021 ストーリーテリング.com