楽しく読めて好かれる、心を動かす物語

  1. ゲームに学ぶ人生戦略
  2. 3 view

焦りは戦局を見誤る。じっと耐え忍びチャンスを待とう

『勝負事に焦りは禁物だ。焦って動けば、戦局を見誤る。焦らずじっと耐えしのげば、そのあと必ずチャンスは訪れる』

この日も夢幻はソーシャルゲームに熱中していた。夢幻がやっているゲームは5対5の対人戦バトルのイベント開催中で上位に入賞出来れば、豪華アイテムがもらえるのだ。

(大抵のソーシャルゲームでは、クエストを進め敵と戦うものとユーザー間で競い合うものがある。CPUと違い、他ユーザーとの駆け引きのしあいが楽しみの一つでもあるのだ)

夢幻は上位入賞出来るよう燃えていた。
しかし、夢幻はいまいち勝ち続けることが出来なかった。

それは、夢幻がいつも焦って戦局を見誤ってしまうからだ。
このゲームでは3対3で戦い、ターンごとに控えメンバーと一度だけ交代することが出来る。相手より先に5人全員をノックアウト出来たほうが勝者となる。

そして戦闘中、たった一度だけ相手の攻撃をキャンセルすることができる。このキャンセル技をいつ繰り出すかがこの対人戦のポイントとなる。

夢幻はこのキャンセル技を使うタイミングがいつも早かった。
だが、夢幻はそのことに気が付いていなかった。それもそのはず。

夢幻が使うタイミングはベストだと思われていたからだ。

相手が強い攻撃を出してきたら迷わず使う。このゲームではそれが常識だった。なぜなら、初手で一気に戦力を削り取られてしまうからだ。

だからこそ、夢幻は定石どおり初手で使っていた。
しかしある時、夢幻は相手の攻撃をボーッとして見過ごしてしまった。

「しまった!見過ごした!これじゃ負け確定だよ!!」

案の定、主力メンバーが削られピンチを招いた。夢幻はがっくし肩を落としたが、とりあえず最後までやってみようと戦いを続けた。

すると、次のターン。
夢幻チームにチャンスが訪れた。

そして、そのチャンスを潰そうとする相手の攻撃を先ほど使いそびれたキャンセル技で封じこめた。

夢幻チームの怒涛の反撃が始まり、なんと敗戦濃厚の状態から大逆転をしたのだ!

「やった!勝っちゃったよ!もしかしたら、今までキャンセル技を使うタイミングを間違えていたのかも」

それを確かめるかのように夢幻はまたも対人戦に臨んだ。そして、今までのタイミングで使う代わりに自分にこう言い聞かせた。

「まだだ。まだ我慢。ここは捨てよう。チャンスは必ずもう一度来る」

キャンセル技を使いたい衝動をぐっとこらえて、踏みとどまった。

すると次のターン。
またも夢幻にチャンスが訪れた。

「ビンゴ!このタイミングが本当のタイミングだったんだ!」

それからも夢幻はチャンスはもう一度来る。と自分に言い聞かせ、チャンスを待ち続けた。

この戦略が功を制し、夢幻は着々と勝ち進んでいった。

本日の教訓

■焦る気持ちをぐっとこらえ、さらなる戦局に備えよう

販売、営業でも同じことが言える。
「これはいけそうかな?」と思って、猛プッシュをした結果、まだ関係が出来ていなくて、交渉を決裂させてしまう。

チャンスは今しかない!と、ついつい焦ってしまうのだ。

焦っていることがわかったら、チャンスはもう一度訪れると自分に言い聞かせ、次に備えよう。

焦って事を行うと、戦局を見誤る。

スポンサーリンク

ゲームに学ぶ人生戦略の最近記事

  1. 不要なアドバイスで怒られてしまった少年

  2. 武器やスキルは使うから意味が出る

  3. 正しい情報が勝利へと導く

  4. 周りのみんなが楽しそうだから=購買意欲が上がっていく

  5. 負けを経験している時、人は成長するチャンスを与えられる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP