楽しく読めて好かれる、心を動かす物語

  1. 心の在り方
  2. 1 view

自分が出来ていないことは他人に求めない。これが疲れないコツ

スポンサーリンク

『思い通りにならないのが、普通だと思おう。それが日々疲れないでいるコツだ』

「全く!どいつもこいつもなんでわからないんだよ!」

僕の名はレイジ。
今は自分で店を開くために日夜努力している。
店を開くまでの間に少しでもファンを獲得しようとブログを毎日書いてFBで流してるんだ。

友達のみんなはね、「応援するよ!」なんて言ってくれてよくいいね!やシェアしてくれてたんだ。
でも、最近になってあんまりいいね!やシェアしてくれなくなっちゃった。

毎日のいいね!が励みになってたし、拡散の元でしょ?だから、みんなには毎日いいね!してねってお願いしてた。
にも関わらず、いいね!してくれる人はまばらだった。

それで長い間もがき苦しんでた。
どうしてちゃんと見てくれないんだよ。
どうして他の人の投稿にはいいねするのに、僕のにはしてくれないんだよ。

そんなことをいつもタイムラインを見ながら思ってた。
でもね、そうやって流し読みしてたら、気がついちゃったんだ。

あっ、自分もみんなの投稿に全ていいね!出来てないって。
投稿は目にしてるんだけど、いちいちいいね!押すのがめんどくさくてぱぱぱーっと見ちゃうときもあるし、時間がなくてじっくり投稿を見れないときもある。後で見ようなんて思ってたら、そのまま忘れちゃうこともあるし、中には興味のない投稿もある。

見たいって思っていても、毎日見れる方が珍しいんだよね。そこで思ったんだ。なんだ自分も出来てないじゃん。って。

そう思ったら、人からいいね!されなくても特に気にならなくなった。

だって、自分が出来ていないんだもん。
自分が出来ていないのに、人からはやってもらおうなんて都合が良すぎるよね。

みんなはさ、ちゃんと応援してくれていたんだ。
それなのに、僕はそのことに気がついていなかった。いいね!っていう形になっていなければダメだと思い込んでいた。

だから、全部にいいね!されないことに苛立っていたし、少し疲れもしていた。

でも、そうじゃなかったんだ。
大切なことはいいね!を強制することでも人からの評価を求めることでもなかったんだ。

大切なのはそれらを気にせず、楽しい記事を書くことだったんだ。

つまらない記事にいいね!を毎日することは負担だけど、楽しい記事だったら勝手にいいね!したくなるもんね。

僕はそのことに気がついていなかった。
今まで自分のことばかりに目線がいってたよ。

そんなことを気にするよりもまずは自分の書くレベルを上げることの方がよっぽど重要だったんだってようやく気がついた。

自分が出来ていないことは人に強制しない。
ゆる〜く受け止めることがSNSで疲れないコツなんだね。

本日の教訓

■SNSで疲れないコツは評価を期待しないこと

いつも人からいいね!されることばかりを気にしているとSNSに疲れてしまう。いいね!はされなくても気にしないこと。

自分も毎日みんなにいいね!できているわけではないから、他のみんなも同じなんだ。といいね!数は気にせずにいよう。

気にしないことが疲れないコツだ。

心の在り方の最近記事

  1. なぜ我々は納豆にタレをかけるのかがわかれば、サービスが加速する

  2. いつもそこに【完】突き進む勇気の先に…

  3. いつもそこに【7】豹変した悪魔

  4. いつもそこに【6】悪さし始めた魔物

  5. いつもそこに【5】戦い抜くために

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP