楽しく読めて好かれる、心を動かす物語

  1. 仕事・ビジネス
  2. 4 view

まず物事の全体を共有しなさい

『たった5分。たった5分はじめに全体像を語るだけで良い。やることがあらかじめわかっていれば、すぐに作業に移ることが出来る』

今夜もあなたが主人公になったところを想像してもらいたい。

あなたはあるプロジェクトに応援として参加した。プロジェクトを総括しているマネージャーはただ一人。
他のプロジェクトメンバーも急遽他から集められたようだ。

マネージャーは忙しなく作業に取り掛かっている。メンバーが集まってきたことを知るマネージャーは、個々のメンバーに指示を出した。

もちろんあなたにも指示が出される。
あなたは指示通りに作業に取り掛かる。

程なくして、先ほど指示された作業が終わり、一息つこうとフロアの椅子に腰掛けた。

周りのみんなも一息つき始めたようだ。
そこへマネージャーが飛んできて声を張り上げた。
「まだ作業は終わってないんだ!作業が終わったら、とっとと次の作業に移ってくれ!
あれとこれをやっておいてくれ!」

なんだ終わりじゃないのか。とあなたたちはまた言われた通り作業に取り掛かる。

また作業が終了し、今度こそ一息つけるかと思ったら、またマネージャーが飛んできた。

「まだ終わりじゃないってば!休んでる暇があったら、次はこっちの手伝いをしてくれ!忙しいんだよ!」

スポンサーリンク

途中、休憩を入れたものの進行の悪さに参加者はイライラとしていた。
深夜過ぎようやく全ての作業が終わったが、誰一人喜ぶものはいなかった。

参加者のストレスがピークに達していたのだ。

ここであなたは思う。

「なぜプロジェクトの冒頭で今回のプロジェクトの目的、ゴール。そのための計画などを皆と共有しなかったのだろう?」

これさえ初めから共有することが出来ていれば、こんなことにはならずに済んだのに。と。

こんな経験一度や二度したことがあるのではないか。
プロジェクトマネージャーは初めから終わりまで明確に手順がわかっている。

そのため作業が終われば、都度的確な指示を与えることができた。だが参加者にはそれが全く見えていない。

見えていなければ伝わらない。
そして、作業は細切れとなり、遅れが生じる。

こうならないためにもまず全体の流れを頭の中に入れてもらおう。

本日の教訓

■先に全体像を語ろう

全体の流れがわからなければ参加者は、次に何をして良いのかが把握できない。

勘の良い人は自発的に考え行動をとるが、皆ではない。少しでも多くの人に自発的に行動してもらいたいのであれば、まずはじめに目的やゴール、手順を共有しよう。

仕事・ビジネスの最近記事

  1. 文章量を何で決める?

  2. 全てを整えてこそ、コーディネート

  3. ビジネスのファーストステップ!ペルソナマーケティング!

  4. いつもそこに【完】突き進む勇気の先に…

  5. いつもそこに【7】豹変した悪魔

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP