ホワイトボードアニメーション『グリとシロ』しのぴー様 会話ストーリー事例

【その動画広告、売りたいことを狙いすぎていませんか?集客の秘訣は心に残らせることにあり!】

主「動画広告が良いと聞いたから動画をアップしているけど、再生回数がほとんどないし、反応も全くないじゃないか。

時間もかかってるというのに。

続けるべきなんだろうか。それとも、見切りをつけるべきなんだろうか」

しのぴ「お悩みのようですね。動画広告の離脱率はみなさん悩んでいるみたいです。

15秒で50%が離脱。30秒で75%が離脱。という驚きのデータがあるくらいで、Facebook、Twitterに至っては3秒で70%〜90%の人が離脱している。というさらに驚きのデータもあるくらいです」

主「全く反応されていないじゃないですか!!やめだ、やめ!」

しのぴ「……ただ、一方で3分近くある長い動画でも、最後まで見てくれた人が70%を越えるというすごい動画もあります。

この違いはなんでしょうね?」

主「そ、それは…わかりません。何かが面白いんだと思いますけど…」

しのぴ「よく言われるのが、掴みの面白さ。これがなければ、何秒の動画でも即離脱です。逆を言えば、掴みが上手くいけばその後も見てもらえる確率はぐっと上がります」

主「順番に説明することばかり優先して、掴みの面白さは考えていませんでした」

しのぴ「まだあります。次に中盤の盛り上がり。なんの問題も起きず、障害のない動画を見続けるのは飽きてしまうんです。

だから、次が気になる仕組みを常に取り入れた方がいいんですよ。次が気になれば、自然と追ってしまいますからね」

主「ただそれを全て取り込むには相当の技術が必要になりそうですね。何度か広告を作ってみましたけど、全部をカバーするのは難しそうです。

何か簡単にできるものがあればいいんですけど、そんな都合の良いものないですよね?

やっぱり……諦めようかな」

しのぴ「ものすごく質の高い動画を目指そうと思えば、それなりの資金がかかってきますからね。

ただ、簡単に解決できる方法もあります。それがホワイトボードアニメーションです」

主「ホワイトボードアニメーション?」

しのぴ「実際にご覧ください」

ホワイトボードアニメーションとは?

動画コンテンツの一つで、ホワイトボードに絵や文字を書いている様子を映像化した表現方法のことを言います。

海外では様々な商品やサービスの説明がわかりやすいということで、デジタルマーケティングでよく使われています。

日本ではまだ認知度は低いようですが、少しずつ知られるようになってきています。

抽象的なものなどもかわりやすく説明することができるためサービスや商品の説明にうってつけです。

ストーリー性があるため、次にどんな展開になるか気になることから、最後までつい見入ってしまうので、伝えたいメッセージをしっかり覚えてもらえます。

動画をサイトに埋め込むと、コンバージョン率が上がることが期待できるためwebマーケティングでも注目を集めています。

ホワイトボードアニメーション3つの特徴

◾内容がわかりやすい

伝えたいこと以外の情報が入ってこないので伝えたいことがわかりやすい

◾最後まで見てもらえる

静止画と違ってストーリーの続きが気になるから最後まで見てもらえる

◾費用が安く済む

撮影より人件費がかからないため製作費用が安くなります

主「へぇー!これは面白いですね!確かに最後まで見続けてしまう。完成していく工程が見えるから、面白く見ていられますね。

一つのアニメが出来上がった時の喜びと次はどうなるのだろうというワクワクがずっと続くから飽きない!」

しのぴ「それだけではありませんよ?実際に導入していただいたお客様からは

SNSの「いいね!」回数、再生回数が普段の3倍になりました!

見てくれた人からも「面白い!」と褒められ、動画からのサイトへの訪問も増えました!』

という声や

『長い間、言葉で説明していても伝わらなかった講座を「どうしたら上手く伝えられるだろう?」と悩んでいました。

しかし、動画を導入してからは「ずっと見ちゃうね!」、「わかりやすい!」などの声を沢山いただき、期待以上の威力にびっくりしています。

静止画と違って、動きを目でおっているうちにスーッと内容が頭に入ってくるのが本当にスゴイなと思います』

という声もいただいているんです」

主「しかし、うちのブランドに合うかどうか……

それとこんなこと言いたくないですが、誰とも同じ。自分のサービスらしさが失われてしまうのは嫌です……」

しのぴ「そこはお任せください。お客様のご要望をお聞きし、イメージとあったものに仕上げます。

実際にご依頼頂いたお客様からは『自分らしい』動画になったと評判です」

ーーーーー

まとめ

ここでは伝えきれていないホワイトボードアニメーションの良さをまとめます

ホワイトボードアニメーションのご依頼はこちらにつなげます。

ーーーーー

参考文献

※1.動画の離脱率

http://www.movie-times.tv/study/how-to/4426/

※2.SNSの離脱率

https://lokaplatform.com/blog/insight/2017/02/17/sns-outstream/

導入いただいたのはこちらのお店
グリとシロ様

投稿日:

執筆者:作田勇次

Copyright© ストーリーテリング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.