1. 最近の記事
  1. 仕事・ビジネス
  2. 6 view

壮大な地獄の中を生きる2

面談当日、男はどうにかなりそうなほど緊張していた。面談会場が近づくにつれて男の緊張はますます大きなものになっていった。ようやく会場となるオフィスのドアの前にたど…

  1. 心の在り方
  2. 5 view

もう一つの原動力

夢に向かう原動力って何?そんな風に聞かれれば、情熱とか野望とか答えるのが一般的だろう。だが、もう一つ忘れてはならないものがある。そのことに気がつくまでにはすごく…

  1. 心の在り方
  2. 3 view

コミュニケーション不足の男

相川 ひかるという男は勉強が好きで、小説やビジネス書を愛読することが趣味と言っていい。それ以外で言えばそこらへんにいる若者と変わりはない。普通に遊びに行きた…

  1. 心の在り方
  2. 7 view

臆するものとの戦い2

「でも、僕には少し勇気が足りなそうだよ。わかっていても勇気が出せない。僕は君ほど勇敢でも、社交的でもないからさ」「まあ、性格もあるもんな。得手不得手があるの…

  1. 心の在り方
  2. 3 view

今出来ることがベスト!

こんな偶然などあるのだろうか。いったいどれほどの確率なのだろう。自分でも未だに信じられない。だが、その事実が目の前に現れていることは確かだ。ある昼過ぎのことであ…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

問題が起きてしまった後の心構え

時より落ち込むことは誰にだってある。この男、倉山宏和ももちろんその例外ではない。その男は見るからに落ち込んでいた。倉山は失敗をするといつも激しく落ち込んでし…

  1. 心の在り方
  2. 3 view

失敗を落ち込む必要は1ミリもない

「いいか、お前らよく聞け。リーダーにとって必要なことは他人のために自己犠牲を払うことである」小澤涼平は会議室に同僚や後輩を集め、熱弁をふるっている。次のプロ…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

逆境を乗り越えた後はいつも成長

須賀正道は目下に見事なクマを作り、血走った目でパソコンを叩き続けていた。もうこのような状態が丸二日間も続いている。デスクには何本も飲み干した栄養ドリンクが転…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

人格が優れていると

非常に興味深い話を耳にした。孫橋は観察がとても好きでいつも観察から気づきを得ている。中でもグループを観察するのは面白いのだという。今回孫橋が観察したのは、同…

  1. 仕事・ビジネス
  2. 5 view

情熱を噛み締めた男

『情熱があれば過程は楽しいものになる。情熱がなければ過程は面倒なものになる』ある男はとても困惑していた。なぜやらなくてはならないとわかっているのに身体が…

  1. 心の在り方
  2. 7 view

優先順位を整えて先手を打つ

『ただ言われただけではやる気は出ないが、原理原則を理解すればやる気になる』よく自己啓発書を読むとこんな言葉が出てくる。「皆がだらけている時でも努力せよ。…

著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP