1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  1. 心の在り方
  2. 8 view

習慣化の鍵

挑戦するのは嫌だ。続かないし、辛いし、成果は出ないし。瀬沼 加代子は今まで何度も新しいことに挑戦しては苦痛を味わっている。そしてそのたびに挫折も。ダイエット…

  1. 心の在り方
  2. 8 view

使われた天才

ある講演会に参加した佐藤 竜司は講演者のその発言にがっかりとし、幻滅した思いを抱き、はったりだと思っていた。参加者を楽しませようとしていきなりありふれた嘘を言い…

  1. 仕事・ビジネス
  2. 5 view

ぬるくなった情熱

星野 翔平がとある大手銀行に入社をした頃、とても興味深いことが起こった。星野はこの銀行の上級職員からどうしてもという依頼があり、この銀行へ入社した。いわゆるツテ…

  1. 心の在り方
  2. 7 view

もう一つの原動力

夢に向かう原動力って何?そんな風に聞かれれば、情熱とか野望とか答えるのが一般的だろう。だが、もう一つ忘れてはならないものがある。そのことに気がつくまでにはすごく…

  1. 心の在り方
  2. 8 view

合わないなら辞める

「あの人とっても嫌な人ですけど、一緒に頑張りましょうね!」入社したての麻依を励ましてくれたのは一緒に入った同期の美香。と言っても麻依と美香は年齢も違えば、職…

  1. 心の在り方
  2. 5 view

人生はうまくいかないから楽しい

今まで彼ほどまでに不幸な人間を見たことも聞いたこともない。彼ほど人生をあらゆるものに振り回されている人は他にはいないだろうとさえ思えてしまう。平山田 弓子(ひら…

  1. 心の在り方
  2. 3 view

コミュニケーション不足の男

相川 ひかるという男は勉強が好きで、小説やビジネス書を愛読することが趣味と言っていい。それ以外で言えばそこらへんにいる若者と変わりはない。普通に遊びに行きた…

  1. 仕事・ビジネス
  2. 5 view

力でねじ伏せるよりも

それは屈辱的な敗北だった。専務取締役の北川 平次(きたがわ へいじ)は吐き捨てるように言った。俺は主に社内の統率管理を行っている。悪い言葉で言えば、俺が皆を従わ…

  1. 心の在り方
  2. 5 view

伝えなくては伝わらない

山本 あやめは人に言えない悩みがあった。本人にはそれが悩みを呼べるものなのか、人に打ち明けて良いものなのか、悩んでいるのはこの世の中で自分だけなのではないかと思…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

他人からの評価を気にするとき

「またやっちゃったよ。はぁ〜」加藤 敏之(かとう としゆき)は先月、新しい職場に転職したばかり。転職先に選んだのはモノガタ総合病院の医療事務。患者のカルテ作…

  1. 心の在り方
  2. 8 view

臆するものとの戦い2

「でも、僕には少し勇気が足りなそうだよ。わかっていても勇気が出せない。僕は君ほど勇敢でも、社交的でもないからさ」「まあ、性格もあるもんな。得手不得手があるの…

  1. 心の在り方
  2. 12 view

母が長年、私に言い続けた言葉

『自他共にかかわらず、自分自身に与える言葉には強い影響力がある。与えるのなら良い影響を与えよう』1996年、私が小学5年生にあがったときのことです。その…

  1. 心の在り方
  2. 18 view

たとえ若造でも……1

カウンターの左から二番目に座り熱々のホットコーヒーを頼む常連客。それが女性小説家新村 砂羽(しむら さわ)だ。砂羽はいつも僕にコーヒーを淹れてくれと注文をする。…

  1. 心の在り方
  2. 13 view

石の上にも三年と言うけれど…。

『100という数字はスタートラインに立った合図だ。成果を期待するにはまだ早い』昨夜、今日はどんなストーリーを書こうかと考えていましたら、ふとあることに気がつ…

著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP