1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  1. 心の在り方
  2. 5 view

いつもそこに【5】戦い抜くために

それから充弘は本業のプログラマー、週に一度の夜間学校、週末は『くりっと』の新装準備に追われる日々を過ごしていた。開店も近づきつつある十二月のはじまり。「兄さ…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

いつもそこに【4】兄の想い

まあいいさ。次からは違う席に着けば良いんだし。が、どうしても仕事が終わった順に皆が集まるため、席は大体固定され、充弘が座る席は入り口かその隣で、どちらを選ん…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

いつもそこに【3】根拠探しの旅

九月に入り、少し過ごしやすくなったある日の平日。またも大政からメッセージが届く。「大切な知らせ」ああ、とても嫌な予感がする。これは絶対に嫌なお知らせ…

  1. 心の在り方
  2. 10 view

いつもそこに【2】近寄る刺客

それは前回訪れてから間も無くのことであった。大政から「今度は報告してやる」というすぐにでも説教をしたくなるメッセージを受け取り、何事かと仕事帰りに店を訪れた…

  1. 仕事・ビジネス
  2. 6 view

いつもそこに【1】感じる胸騒ぎ

大慌てで帰り支度をすると四谷 充弘(よつや みつひろ)は新宿駅の改札を勢いよく通り抜けた。すぐさま特急電車に乗り込み、終点八王子駅を目指す。電車に飛び乗った後も…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

ぶっ飛び経営者【5】それが面白い

すると、中城はこう答えた。「なんかありましたっけ?それよりまた面白いことがありましてね。今新しいシステムを開発中なんです。つい夢中になってしまって、人と話す…

  1. 心の在り方
  2. 7 view

ぶっ飛び経営者【4】選択の時

家に着いてもこの話題が頭から離れることはなかった。大きな失敗をした。このことが頭をよぎるたび、胸が苦しくなる。しばらくの間、小金井はそのことに支配さ…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

ぶっ飛び経営者【3】渦巻く世界

三十社ほどインタビューを終えたところで、小金井はディレクターと応接間で面談を行なった。このインタビュー結果をまとめ、次のステップへ行く打ち合わせをする。「ど…

  1. 仕事・ビジネス
  2. 4 view

一言で伝わる皮肉のインパクト

【女性なのにすごい】よく物語を学んでいるとアマチュア作家は説明が多いと書かれている。確かにそのとおり。私自身、これではきちんと伝わっていないかも?と説明する…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

小さな賢者の功績【後編】

しかし、黒石は再び立ち上がり胸を張って声を張り上げた。「しかし!しかしこれでは社が良くなるはずもありません!!」皆がまた黒石に振り返る。「これまで我…

  1. 心の在り方
  2. 7 view

小さな賢者の功績【前編】

公園にあるアスレチックを登っては滑り台からシューっと降りてくる四歳の息子を黒石 藤次(くろいし とうじ)は微笑ましく眺めていた。飽きもせず何度も何十度もひたすら…

  1. 仕事・ビジネス
  2. 6 view

壮大な地獄の中を生きる2

面談当日、男はどうにかなりそうなほど緊張していた。面談会場が近づくにつれて男の緊張はますます大きなものになっていった。ようやく会場となるオフィスのドアの前にたど…

  1. 仕事・ビジネス
  2. 4 view

壮大な地獄の中を生きる1

その日、男は何度も自分を恨んだ。あちらの道を選んでいたら楽をすることが出来たのに。どうしてこんな道を選んでしまったのかと。なぜ辛い思いをしてまで険しい道を歩まね…

  1. 心の在り方
  2. 15 view

たとえ若造でも……2

そうして一週間に一度このやりとりが行われ、気が付けば三ヶ月近く続いていた。僕も自分でよくここまでやり続けたなと思う。おかげで砂羽のことがかなりわかってそっちの方…

  1. 心の在り方
  2. 12 view

母が長年、私に言い続けた言葉

『自他共にかかわらず、自分自身に与える言葉には強い影響力がある。与えるのなら良い影響を与えよう』1996年、私が小学5年生にあがったときのことです。その…

  1. 心の在り方
  2. 114 view

たとえ若造でも…3

その翌日、店がオープンすると竜矢がやってきた。頼みもしていないのに、携帯を見せつけてくる。「ほら、砂羽からのメール。大切な話があるからここに来るようにだ…

  1. 心の在り方
  2. 13 view

石の上にも三年と言うけれど…。

『100という数字はスタートラインに立った合図だ。成果を期待するにはまだ早い』昨夜、今日はどんなストーリーを書こうかと考えていましたら、ふとあることに気がつ…

著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP