1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  1. 自己紹介
  2. 119 view

物語は心に響き、人を行動へ導く

【楽しく読まれて好かれるへ】 心を動かす最高の手法 『ストーリーテリング』田辺 将司が起業したてのころ、度肝を抜く話を聞いた。田辺はこの時に聞いたこ…

  1. 仕事・ビジネス
  2. 56 view

文章量を何で決める?

面白い文章なら長くても読む。これまで私は文字数など考えず、ひたすら面白さだけを考えて文章を書いてきた。自分でも長いかなと思うこともあったが、面白ければ読…

  1. 心の在り方
  2. 5 view

いつもそこに【7】豹変した悪魔

充弘が次に気がついた時は病院だった。腕には点滴針らしきものが差し込まれている。意識ははっきりとして来たが、まだ頭が重い。身体中がすごくだるい感じもする。とにかく…

  1. 心の在り方
  2. 7 view

いつもそこに【6】悪さし始めた魔物

一ヶ月の練習の後、めぐるが最も簡単なハートを描けるようになったため、早速提供することとなった。しかし充弘が手伝いに来ていた時に、注文されることはなかった。ふんわ…

  1. 心の在り方
  2. 18 view

たとえ若造でも……1

カウンターの左から二番目に座り熱々のホットコーヒーを頼む常連客。それが女性小説家新村 砂羽(しむら さわ)だ。砂羽はいつも僕にコーヒーを淹れてくれと注文をする。…

  1. 心の在り方
  2. 222 view

たとえ若造でも…3

その翌日、店がオープンすると竜矢がやってきた。頼みもしていないのに、携帯を見せつけてくる。「ほら、砂羽からのメール。大切な話があるからここに来るようにだ…

  1. 心の在り方
  2. 19 view

たとえ若造でも……2

そうして一週間に一度このやりとりが行われ、気が付けば三ヶ月近く続いていた。僕も自分でよくここまでやり続けたなと思う。おかげで砂羽のことがかなりわかってそっちの方…

  1. 心の在り方
  2. 12 view

母が長年、私に言い続けた言葉

『自他共にかかわらず、自分自身に与える言葉には強い影響力がある。与えるのなら良い影響を与えよう』1996年、私が小学5年生にあがったときのことです。その…

  1. 心の在り方
  2. 20 view

石の上にも三年と言うけれど…。

『100という数字はスタートラインに立った合図だ。成果を期待するにはまだ早い』昨夜、今日はどんなストーリーを書こうかと考えていましたら、ふとあることに気がつ…

著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP