楽しく読めて好かれる、心を動かす物語

  1. 心の在り方
  2. 7 view

人見知りさん、今こそ立ち上がりましょう。ほんの少しの勇気を出しましょう。

『世界を遠くから見ているのはリスクも少なく、簡単だ。だが、その分得られるものも小さい。自分を変えたいのなら、世界を飛び出そう』

彼は3歳の時、激しい人見知りを覚え、親戚の叔父が来るたび、恐怖で母親の後ろに隠れた。

それは小学生になっても慣れなかった。

小学3年生の時、人前で話すことが嫌で、学芸会ではセリフが少ない役を率先して選んでいた。

そのセリフは「なぜ?」だけだった。

6年生の時、それはますます悪化し、今度はセリフすらない役を一番にとった。

おまけに顔まで出ないですむ役だった。

中学生に上がった時、彼は3年生になるまで授業中に一度も手を挙げたことがなかった。
そして、国語の時間の音読と音楽のテストが死ぬほど嫌いだった。

人前で声を出したりしなくてはならないからだ。

高校生の時、友達と二人きりになるのが怖くて、遊ぶ時は常に複数人と遊んだ。
専門生の時、初めて合コンというものに参加した。ニコニコしているだけで終わった。
社会人になって、営業の仕事に就いた。顧客に訪問・電話を行う際には必ず台本を作った。

それがないとうまく話ができないからだ。

そして、行動を行う際には必ずと言っていいほど、深呼吸をして、自分を落ち着かせていた。
それは仲の良い顧客に対してでもそうだった。

27歳の時、初めて多種多様な人材が集まるイベントに参加した。100名以上いたが、ほとんど誰にも声をかけられなかった。

1日中いたのにも関わらず、トータルで話せた時間は、10分にも満たなかった。
その翌年、仲の良い仲間たちの勉強会に参加した。2時間近くあったが、ほとんど一言も話すことができなかった。

そして、30歳になった今でも、私は人とうまく話せない時がある。

これは実際の私の物語です。
私は超がつくほどの人見知りです。

気心知れた仲でも、油断すると人見知りします。
参加人数が6名を超えたあたりから極度の緊張で話すのに勇気が必要です。

遠くに人がいて声をかけたいときはわざわざ近くに行って声を掛けます。
文章を書くことはできますが、私は超がつくほどの人見知りなのです。

そんな私はある言葉を大切にしています。

『世界は見ているだけではつまらない』

昨年私は、勇気を振り絞って飛び込み営業に出ました。

知り合いが誰もいないアウェイ感満載のイベントにもたった一人で出席しました。

全く知らない人を前にしてプレゼンも行いました。

異業種交流会にも参加しました。

どれも正直言って、何度も逃げ出そうかと思いました。恐怖でドキドキしっぱなしでした。何度も入口付近をうろうろとし、深呼吸しました。

でも、いつも勇気を振り絞って、飛び込んでいきました。
それは『世界は見ているだけではつまらない』からです。

決められた場所に留まるのは楽で、とても楽しいことです。でも、得られるものはいつも同じものばかりなのです。

新たな発見やイノベーションはいつも自分の世界を飛び越えた先にあると私は思っています。
だからこそ、私はいつもこの言葉を胸に色んなところへ飛び込んでいるのです。

今月も来月もほとんど知り合いのいない大きなイベントへ足を運びます。

そして、ストーリーテリングがもう少し上達したら、その勉強会も行っていこうかと思っております。

考えただけでも怖いです。
でも、それがチャンスだとわかるのなら、迷わず飛び込むのです。

もちろん、高いお金を出して参加しても誰とも話せない時もあります。でも、それでいいんです。その悔しさが自分を成長させてくれるのです。

『世界は見ているだけではつまらない』

言葉には力があります。

私はあなたの中にもあなたを励ます熱い言葉を刻んでもらいたいのです。

私はこの言葉に何度も勇気をもらいました。
今のあなたにとって必要な言葉はどのような言葉ですか?

是非、あなたを奮い立たせる言葉を胸に秘めてください。

いつもいいねをして終わる、講演を聴いて終わる、一人で黙々と作業をして終わる。という方は是非、コメントをしてみる、質問をしてみる、隣の人に話しかけてみる、と自分の世界を飛び出してみてください。

はじめは期待通りの成果を得られないかもしれませんが、世界は確実に広がります。そして、継続して実行していけば、点と点が繋がり合い線となります。そして、新たな発見が生まれるのです。

勇気を振り絞りましょう。
私にできるのだから、きっとあなたにもできるはずです。

本日の教訓

■世界は見ているだけではつまらない

世界を遠くから眺めているだけでは得られるものは少ない。人生というゲームでは見ているだけより、身を投じてしまったほうが断然面白い。

リスクや失敗は付き物だが、その経験はあなたを成長させる鍵となる。いろんなものに飛び込む勇気を持とう。

得られるものは見ている時もよりはるかに多いはずだ。

『世界は見ているだけではつまらない』

スポンサーリンク

心の在り方の最近記事

  1. なぜ我々は納豆にタレをかけるのかがわかれば、サービスが加速する

  2. いつもそこに【完】突き進む勇気の先に…

  3. いつもそこに【7】豹変した悪魔

  4. いつもそこに【6】悪さし始めた魔物

  5. いつもそこに【5】戦い抜くために

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP