1. アトピー性皮膚炎のこと
  2. 155 view

糖質制限をしているときに甘いものが食べたくなったら

スポンサーリンク

「あぁ、甘いものが食べたい」
「糖質……糖質……」

糖質は体にとって摂取しなくて良いもの。
そうわかっていながら、血の渇きのように渇望してくる。

どうしてこんなに甘いものが食べたいのだ!!

糖質制限を行なって、慣れてくれば糖質を摂りたい思わなくなる。
糖質の怖さを知れば、自然と食べたくなくなるのはよくわかる。
スナック菓子や白米を一切食べたいとは思わない。

しかしだ。
やはりチョコなどの甘いものを食べたいと願うことはある。

今や、コンビニでも1パックあたり糖質約5g程度というチョコやお菓子が出てきている。
1日40gという糖質量を守りながら、ほんの少しこれらをかじりつくのが最高にうまい。

糖質制限し始めたばかりの頃は、これらのお菓子も一切口にせず過ごしていた。
なので、初めて口にした時は腰が抜けるかと思うほどのうまさを実感した。

「こ、こんだけうまいもん口にしてしまたら、糖質制限なんてできやしねえよ!!」

と思いたくなるほど格別のうまさであった。

糖質が中毒になるのも納得だ。
糖質はうまいのである。

これらを食べてしまっている影響からなのか、ふとした時に食べたいと思うてしまう。

特に疲れている時やかき崩してストレスを抱えている時なんかは無性に食べたくなる。
とはいえ、やはり問題は糖質量だ。

1日に40g以下の糖質量に抑えるには1食あたり10g程度に抑え、ほんの少しだけ間食にナッツを食べるくらいにしなくては、すぐに越えてしまう。

しかし、甘いものが食べたい!
だが、糖質量が気になる!!

主食が食べられないが食べたいというジレンマと共に糖質を摂りたくないが、甘いものが食べたいというジレンマに陥る。

糖質を摂らずに甘いものを食べる方法はないのだろうか。
実はある。

救世主は……ペコちゃん?!

驚いたことに甘さは控えめどころかがっつり甘さを感じさせてくれる信じられないアイテムがある。
脱ステチャレンジャーにとって夢のようなアイテムが存在するのである。

それが『ミルキーソフト』だ。

初めてこの存在を知った時の衝撃は計り知れぬものがあった。

「ミルキーはママの味♩」

のミルキーである。

食べたことのある人ならその甘さを説明することなく受け入れられるだろう。

ものすごくあまあまである。
甘すぎてとろけてしまうと思うほどの甘さ。
それが不二家の販売しているミルキーシリーズであろう。

ママの味というのもうなづけるほどの甘さだ。

これだけ甘さを感じさせるのだから、さぞかし糖質を取ってしまうのだろうなと思い、ずっと敬遠し続けてきた。
だって甘いのだから。

しかし、しかしである。
万が一にでも糖質量が少なかったらどうだろうか?
すごいことではないか?いや、これだけの甘さを誇っているのだからそんなことはない。

恐る恐る商品を手に取り、パッケージを裏返して僕は目をグンと見開いた。
炭水化物0.1g(炭水化物は糖質と食物繊維が合わさったもの)。

糖質量0.1g!?
こんなことがあるのだろうか?!

しかし、どうやら本当に糖質は入っていないようだ。
何かの間違いだろうか?

もしかしたら、ミルキーソフトと言うているだけで甘さは全くないのではないだろうか。
だが、ひと塗りするだけでたちまちミルキーのあの甘さが口いっぱいに充満する。

最高だ。

これならいくら塗っても太ることはないし、糖質を摂りすぎてかゆくなることもない。
まさに夢のようなアイテムなのである。

よくトランス酸脂肪酸が話題になるが、申し訳ない。
これに関しては調べてもよくわからなかった。

しかし、もはやそのようなことはどうでもよくなるほど、うまい!

これだけ甘いものを食べることができて糖質が入っていないのなら、僕は多少のことは文句は言えない。
そう思うほど、メガヒット商品だ。

多少ブランパンの作成に失敗したとしても十分これでカバーができる。
なんなら、直接これだけを食べてしまっても良いと思うほどだ。

それくらい革命的なアイテムだ。
甘いものが食べたいなと思うようになったら、迷わずブランパンにミルキーソフトを塗って食べよう。

パンを焼いてから塗るもよし。先に塗ってから焼くもよし。
それぞれ味わい方が異なり、格別のうまさを提供してくれる。

味に飽きてきたら今度は……ポコちゃん?!

とはいえ、毎日のように塗って食べていたら飽きてくることだろう。
人間というのは強欲なものだ。飽きてくるとたちまちこう思う。

「何か他に味はないのかな?」

実はある。
なんと、このミルキーソフトシリーズにはもう一つの味が存在するのだ。

それが『ミルキーソフトキャラメル味』

こちらは焦がしめのキャラメル感をたっぷりと味わえる(裏面にはポコちゃん)
ミルキーソフトの甘々な味に慣れてしまっていたので、苦く感じこちらはハマらないかな?と思うていた。

ところが、とんでもない!
気がつけば、このほんのりと苦みを与えてくる大人の味がクセになり、やみつきになっていた。

今では7:3くらいの割合でこちらの味で楽しんでいるほどである。
ほんのりとした苦みは強烈なうまさに変わるのだ。

そして安心してもらいたいのが、その糖質量。
こちらもなんと安心安全の糖質0.1gである。

正直、何故今までこのようなうまいものと出会ってこなかったのだろう。と思うたほどだ。
むしろ、あまりポピュラーではない控えめな存在にも驚きを隠せない。

この商品はもっと売れていい。
甘いものが食べられないと思うて諦めているのなら、是非一度手にとってもらいたい。

一応リンクは貼ったが、通常のミルキーソフトはどこのスーパーでも見かけるので、バターやマーガリンコーナーをよく見てもらえればすぐに発見できるだろう。

ただ、キャラメル味は僕の近所のスーパーでは売っていなかった!
売っているスーパーを見つけたら忘れずにメモしておこう。

控えることなく、最高のアイテムだ。
糖質制限を行っていて甘いものが食べたいと思うたら、このアイテムをひと塗りして乗り切ろう。

そのおいしさに感動を覚えることだろう。

アトピー性皮膚炎のことの最近記事

  1. 医師も教えてくれない糖質制限をうまく行う方法

  2. 脱ステを成功させるためにもっとも必要なこと

  3. 脱ステ8カ月目までの症状~変化はわかりにくいが、回復はしている~

  4. 全然良くなってないじゃん!!と思うたときに読みたい処方箋

  5. 脱ステ実行中で脱入浴をしている人以外見ないでください。人によってはちょっと汚い話。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP