アトピー性皮膚炎のこと

アツアツの夏から過ごしやすい秋へ。掻きむしる時間も少なくなり徐々に眠れるように

スポンサーリンク

こんにちは妻です(^^♪今日は二月とは思えないほど暖かいですね!

花粉も気になる時期ですが、我が家は昨日息子のリクエストで川へ遊びに行きました。川に落ちているシーグラスにはまっていまして。それを拾いに行きたい!と言って出掛けたのですが、今回の川はあまり発見できず。。。結局浅瀬の所で息子は遊んでいました。そしてある事件が起きたのです。いつかはやるだろうと思っていた矢先。すってーーーーん!ばっしゃーーーーん!!はい。ビショビショ~。昨日は暖かかったのでよかったですが、着替えはなく濡れたまま車に乗り、帰りました(笑)

子供にはよくあることですが、改めて今思えば、昔は「痒くなるから!!早く脱いで!帰ろう」と言っていたはず。なのに、昨日は余裕がありましたね。息子も痒がることなく濡れて気持ち悪いとは言っていまいたが、なぜかテンション高め。かえってすぐシャワーでしたが、その後も薬は塗らず、痒くなることもなく過ごしていました。今はそれが普通の姿になりましたが、過去を振り返れば信じられないでうです。

暑い夏にもかかわらず、どんどん回復していく肌

ジメジメしている梅雨が過ぎた後は、暑い暑い夏。この暑さで汗ばみ、肌も痒くなるということは想定されていたので、少し心配でした。しかし、夏休みにはいった頃、家にいると冷房の中で過ごすことが多いおかげか、あまり痒がることもなく元気にすごせていました。この頃くらいから、朝も泣いて起きて一通り掻くむしるというのが日課になっていたものが、その時間も徐々に少なくなり、次第には関節一か所、二か所を掻いて終わりということも増えていました。

スポンサーリンク

夜も夫と眠っているのですが、「僕が気づいてないだけかもしれないけど、寝れてそうだよ」と。本人に聞いても「起きてるけどすぐ寝る」と言っていました。そして落屑もなくなり、朝は掃除機で布団を掃除する!天気のいい日は天日干し!が朝のルーティンでしたがそれもいつの間にかなくなっていました。

過ごしやすい秋がやってきた

ついに、一年の間で最高に調子のいい季節。秋。この頃には顔がすごくきれいになっていました。ぱっと見アトピーですって言われなきゃわからないくらい。関節はまだ乾燥していて、赤みが残り、時々掻いたりもしていましたが、眠くなった時のみ。

驚いたのは情緒。あんなに何もやる気がなく悲観的だった息子は、体の調子がよくなるにつれて色んな事に積極的になり、活発になり「外行きたい!』とよく言うようになりました。その姿は本来の息子であり、どこにでもいる子供そのものでした。

幼稚園でも「外行ける?ってよく聞いてきてくれるんですよ」と担任の先生。外でなにしてるの?と聞くと「走っている!」と言ってました。とにかく走っているようです。走った後もかゆくならない。自分の好きなことが制限なくできる。私は毎日、幼稚園の話を聞くのが楽しみでした。

この二カ月で劇的に変化した肌

ちなみに、この期間にやっていたことは、プロテインを朝晩飲む、皮膚科でもらった腸の薬、ザイザルを飲む、ただれているところには亜鉛華軟膏を塗るってことだけです。そしてお風呂は週に3日くらい。秋ごろには妹と私が入っていると羨ましかったようでこれよりも入る回数が増えました。でも肌の調子は変わらずでした。

すごいですね。特になにを変えたとかではないのですが、皮膚が勝手に強くなり回復力がアップしていたのですね。私はやっぱりプロテインの効果は大きいと思うのですが(^^)/近いうちに、回復し肌の写真を公開したいと思います。

 

-アトピー性皮膚炎のこと
-, ,

© 2021 ストーリーテリング.com