楽しく読めて好かれる、心を動かす物語

  1. ゲームに学ぶ人生戦略
  2. 4 view

たった一人の怪物

スポンサーリンク

『一人の怪物の前では、万人が数十人束になってかかっても太刀打ちできない』

ある週末、夢幻は博識に勝負を挑もうとしていた。夢幻は秘策を思い浮かび、その実行を試みようとしていた。
夢幻は早速、博識を呼び出し、得意げにこう答えた。

「なあ、博識。僕と勝負しないかい?勝負するのは今やっているこのゲーム。
ルールは一度始めからやり直して、ゲーム内時間が24時間経過した段階で、お互いのチームで決闘する。
それで勝った方が高級焼肉にありつける。どうだい?悪くない話だろ?」

博識は夢幻の話を聞いて、何か勝算があるのだな?とすぐさまその思惑に気がついたが、話に乗ってあげることにした。
夢幻が得意げに話を持ちかけて来る時は、自分に有利な戦略を思いついた時なのである。

そのことが博識にはわかっていたが、あえてその話に乗っかることにした。博識は不利な状況に追い込まれる中で、それを打開する戦略を考えることが好きなのだ。

1週間後、お互いに24時間というルールを守り、決闘の日が訪れた。

夢幻は得意げに自分のチームを披露した。
そこにはずらりと並んだB+級のキャラクターが10体勢揃いしていた。

一方の博識はSSランクのキャラクターたった一人しかいなかった。
夢幻たちが行おうとしているゲームはキャラクターにランクがあり、上から

SS、S、A+、A、A-、B+、B、B-、C、D

という順にランク付けされている。どのキャラクターも「D」からスタートして育てるのがこのゲームの特徴であった。

短期間勝負であるなら普通はAランク数名にB-が少々、育てきれずに残りほとんどはC、Dランクになってしまうのが、常だ。

だが、夢幻は、10体全てをB+にまで持って行った。
それに比べると博識は1体だけと心細いものであった。

「いくらSSまでに育てたと言っても、たった1体じゃ僕のB+軍団の前には歯が立たないんじゃない?」

夢幻はすでに勝ちを確認するかのようにニヤリと笑いながら、語りかけた。その笑みは明らかに嬉しそうだった。

ニヤリ。

博識も夢幻同様、不敵な笑みを浮かべた。

「ふふ、勝負は始まってみなけりゃわからないぜ?調子に乗っていられるのも今だけだ」

博識もまた何かを確信するように自信満々に答えた。
決闘が始まると夢幻はすぐさま自分の戦略が誤りであったことに気がついた。

決闘が始まるや否や、博識がSSランクにまで育て上げたキャラクターがまるで鬼神のように振る舞い、夢幻のキャラクターをバタバタとなぎ倒していったのだ。博識乱舞、いや博識無双と言ってもいいくらい夢幻のキャラクターはまるで歯が立たなかった。

「ふはははは、神の域にまで達したキャラクターの前では、B+が何体かかってこようがビクともせんわ!出直してくるがよい!」

博識のキャラが全く別人になってしまうのも、夢幻には頷けた。そこには圧倒的な力の差があった。
夢幻は画面を見ながら、たとえこれが100体いたところで結果は同じであっただろうな。

夢幻がそう感じてしまうほどの力の差を見せつけられていた。呆気にとられている間に、決闘はあっという間に片付いてしまった。

夢幻は、たった1体のキャラクターに惨敗したのだ。
決闘が終わると博識は夢幻に話しかけた。

「いや、惜しかったな。だが、ゴリッゴリに鍛えまくったキャラの前では、B+キャラなど、紙に等しい」

「紙?」と夢幻が返すと、博識はこう答えた。

「そう紙。紙はペラッペラだろ?ペラッペラの紙を破るのは簡単なことさ。鍛え上げるのなら、せめて辞書くらいまで分厚いものにしないと。これくらい分厚ければ、破るのもそう容易いものではなくなる。さて、夢幻。

では、早速人気の焼肉店ジジ苑にでも行こうじゃないか」

夢幻は約束していたことを思い出し、我に立ち返った。

本日の教訓

■たった一つのSSランクを目指そう

英検3級、漢検3級、数検3級…と平均的にスキルを獲得した人よりも英検1級をたった一つだけでも持った人の方が、はるかに役に立つ。

ビジネスでも同様にマーケティング、営業、会計などのスキルを満遍なく取り揃えた人よりも、他を圧倒的に追付いするスキルをたった一つでも持っている人の方がはるかに役に立つ。

あなたの持っている一番の強みを他者を寄せ付けないほど、ゴリッゴリに鍛えあげよう。その域にまで達した能力が一つあれば、そこそこの腕前のキャラクターが束になってかかってきてもまるで歯が立たなくなる。

たった一つの強みを容赦なく鍛えあげよう。

ゲームに学ぶ人生戦略の最近記事

  1. 不要なアドバイスで怒られてしまった少年

  2. 武器やスキルは使うから意味が出る

  3. 正しい情報が勝利へと導く

  4. 周りのみんなが楽しそうだから=購買意欲が上がっていく

  5. 負けを経験している時、人は成長するチャンスを与えられる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP