仕事・ビジネス

夢があるなら大切にしよう!限界を超えるためにも

2016年9月16日

スポンサーリンク

『夢や目標のない生活とは大海原をコンパスや地図もなく、ただ彷徨うのと同じだ。それではやる気なんて出るはずもない』

特に落ち込んでいるわけでもないのだが、閉店報告をしてからまた少し面白いことが起きている。

私はこれまでブログの更新やショップサイトの更新を家族が寝静まった後の時間、22時頃から開始していた。
最低でも24時まで。長い時には2時、3時まで更新し続けていた。

週の終わりに近づいてくると眠気を覚えて「今日こそは早く寝よう」と思うのだが、帰宅するとスイッチが入り、「寝てる暇なんてないな」と私をデスクへと向かわせていた。

もうこれが何ヶ月も続いていた。

ところが、最近になってある変化が訪れたのである。それは夜になると無性に眠くなってしまうことだ。
前述した通り、以前から眠気は感じていた。ブログを書きながらうつらうつらとしていたことも多々あった。

だが、どんなに眠くてもブログを書き上げることだけは絶対の業務と言い聞かせ、なんとか書き上げていた。

しかし、しかしである。

最近は眠くて起きてすらいられないのだ。
最初は疲れが溜まっていたから寝てしまうのだな。と思っていたのだが、22時に寝て朝までぐっすりという日々を数日間過ごしても眠い。

ブログだけは書かなきゃと思うのだが、眠さに勝てずに更新が遅れてしまっている有様だ。(夜更新に切り替えたわけではなく、単に遅れているだけなのだ)

なぜこうなってしまったのだろう?
思うに、それは夢をなくしてしまったからだと思う。

もちろん今も新たな夢はある。
一流のストーリーテラーになること。

頭ではわかっているのだが、体が反応を示すまでに少し時間がかかるのだろう。

まだ限界を超えるところにまでは到達していない。

つまり何が言いたいかというと、私は落ち込んでいる。
ということではなく、夢や目標は限界を超えさせる力があるということだ。
その夢や目標に対する情熱が大きければ大きいほど、いくらでも限界を超えていける。

夢を持とう。
目標を持とう。

今夢や目標を持っているのなら、それがどんなに小さくても、他人から認められないものだとしても、またバカにされたとしても大切にしよう。

情熱の炎が少しでも燃えているのなら、その炎はあなたの役に立つ。

夢や目標はあなたに活力を与える。
時には勇気も与える。

自信だってもたらしてくれる。

あなたが大切にしているのなら、それで良い。
他人に左右されてはならない。

あなただけの夢や目標を大切にしよう。
必ず役に立つ。

本日の教訓

■大小の大きさにかかわらず夢を大切にしよう

夢はあなたに活力を与えてくれる特別なものだ。もうダメかもしれないと思った時にもう一踏ん張りさせてくれる良き相棒である。

もし、今夢を持っているのなら大切にしよう。
どうせ叶わないなどと邪険に扱ってはならない。

夢は大切にしたほうが絶対にいい。

スポンサーリンク

-, 仕事・ビジネス
-

© 2021 ストーリーテリング.com