楽しく読めて好かれる、心を動かす物語

  1. 心の在り方
  2. 3 view

よし、出来てきた!と、慣れてきたら要注意!

『出来てきたと思い始めたら、停滞している証拠だ。上を見てみよう』

最近の私はストーリーを書くことに慣れてきていた。

単調なストーリーになりがちでもっと面白いストーリーが書けたらいいのにな。と思っていたが、概ねその出来栄えに満足を覚えていた。

だが、その反面少しつまらなさも感じていた。
同じことを繰り返しているような気分になってしまっていたのだ。

初めの頃はわからないことが多く、一つのストーリーが完成した時には喜び沸き立っていた。

しかし、最近ではその喜びを味わえず、今日も良いストーリーが書けたなーくらいにしか感じることが出来なかった。

この感じは覚え始めの仕事に似ている。
初めのうちは面白く感じるのだが、ある程度のレベルまで到達すると途端に飽きがくる。

出来てしまうと目標みたいなものがなくなり、仕事が作業になってくる。作業化すると当然つまらない。

そして、かつてあったはずの情熱は何処へやら。ただただ、改善の余地のないまま時だけが過ぎていく。

この感じだ。

私はこのような状況に陥っていた。

もちろん、一流のストーリーテラーになるために改善する点はいくつもある。練習に練習を重ねなくてはならない時であることもわかっている。

だが、すごく面白いとまではいかなくともストーリーを書くことに慣れてしまっていた。
ここからはコツコツ積み上げていくしかないのか。などと思いながら、ブログの更新を行っていた。

インプットした情報をストーリー化してアウトプットする。

レベルアップには欠かせない作業だが、どうも慣れてしまいすぎて熱が分散してしまう。

「わかっちゃいるけどな〜」

こう思いながら、いつものように記事や本に目を通していた。

そんなある時だった。
私は偶然にもあるストーリーを読んだ。

普段私が目にするのは自分や人にとって役立つ情報が得られそうなものに限られている。
時間が許すのなら、他の人が書いたストーリーを読みたいのだが、そこまで時間があるわけではない。

いわゆる選択と集中というやつだ。

そのため私は娯楽のためにストーリーを読むことはほとんどなかった。

スポンサーリンク

だが、この時はたまたま友人が「面白い!」とシェアしていたので、面白そうだなと目を通した。

ストーリーは本当に面白かった。
冒頭から私は引き込まれていた。
ストーリーを読むにつれて、やっぱストーリーテリングは面白いなと再認識した。

終盤まで読み進めて私は思った。

そういえば、私のストーリーはここまで面白くないな。
いや、はっきり言ってレベルが全然違う。
この人のストーリーには到底及ばない。

と、ここで私はようやく気がついた。

私はストーリーテリングがうまく書けるようになった気になり、慣れや飽きを感じてしまっていた。

だが、周りから見たらまだまだであるという事実に。

自分は出来ていると思っていた。
しかし、それは自分の中だけだった。
周りを見渡してみれば、もっとレベルの高い人が数多く存在していた。

私はそのことを見ようと思っていなかった。

問題は慣れてしまったことによるつまらなさではなく、出来ていると思い込んでいる怠惰な自分にあったのだ。

私はショックを味わった。

出来ていると思い込んでいただけにショックも大きい。

自分は出来ていなかった。
単なる自惚れだったのだ。

だが、同時に貴重な教訓も学んだ。

自分が出来てきたなと思い込んで慣れを感じてしまった時には自分よりも上のレベルの人を見ると良い。

同レベルでは自惚れを強くするだけだからダメだ。

少しでも上のレベルを見れば、自分はまだ発展途上であることがよくわかる。

自分をメタ認知することは大事なことなのだ。
これからはもっとレベルの高いストーリーを見て刺激を受けよう。

本日の教訓

■慣れてきたら上を見よう

慣れというのは恐ろしい。ついつい自分を出来た気にして満足させてしまう。

そして、しまいには退屈だとさえ感じさせてしまう。
そんな時には自らの分野の自分よりも上のレベルの人を見よう。怠惰な自分がいることに気がつかされるはずだ。

現状に満足することなく、成長し続けたいのなら活用しよう。

心の在り方の最近記事

  1. なぜ我々は納豆にタレをかけるのかがわかれば、サービスが加速する

  2. いつもそこに【完】突き進む勇気の先に…

  3. いつもそこに【7】豹変した悪魔

  4. いつもそこに【6】悪さし始めた魔物

  5. いつもそこに【5】戦い抜くために

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP