1. 最近の記事
  1. 心の在り方
  2. 5 view

伝えなくては伝わらない

山本 あやめは人に言えない悩みがあった。本人にはそれが悩みを呼べるものなのか、人に打ち明けて良いものなのか、悩んでいるのはこの世の中で自分だけなのではないかと思…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

他人からの評価を気にするとき

「またやっちゃったよ。はぁ〜」加藤 敏之(かとう としゆき)は先月、新しい職場に転職したばかり。転職先に選んだのはモノガタ総合病院の医療事務。患者のカルテ作…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

臆するものとの戦い2

「でも、僕には少し勇気が足りなそうだよ。わかっていても勇気が出せない。僕は君ほど勇敢でも、社交的でもないからさ」「まあ、性格もあるもんな。得手不得手があるの…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

臆するものとの戦い1

人と話すことが怖い。あなたはそう思ったことはないだろうか?宗田 哲也(そうだ てつや)は対人スキルが乏しい人間で、自分でもそのことは自覚していた。人と会話す…

  1. 心の在り方
  2. 8 view

悩みに押しつぶされそうな日

守道 聡美(もりみち さとみ)はもう何度泣いたかわからなかった。街は明るい桜の季節なのに、聡美の心は真っ暗闇もいいところで、常にどんよりとした気持ちを抱えていた…

  1. 心の在り方
  2. 13 view

たとえ若造でも…3

その翌日、店がオープンすると竜矢がやってきた。頼みもしていないのに、携帯を見せつけてくる。「ほら、砂羽からのメール。大切な話があるからここに来るようにだ…

  1. 心の在り方
  2. 11 view

たとえ若造でも……2

そうして一週間に一度このやりとりが行われ、気が付けば三ヶ月近く続いていた。僕も自分でよくここまでやり続けたなと思う。おかげで砂羽のことがかなりわかってそっちの方…

  1. 心の在り方
  2. 11 view

たとえ若造でも……1

カウンターの左から二番目に座り熱々のホットコーヒーを頼む常連客。それが女性小説家新村 砂羽(しむら さわ)だ。砂羽はいつも僕にコーヒーを淹れてくれと注文をする。…

  1. 心の在り方
  2. 5 view

大きな石と小さな石、拾うのは?

人生のどん底に陥っていた時に私を変えるきっかけとなったものは一冊の本と十八のワークだった。それは『史上最強の人生戦略マニュアル』といい、とても素晴らしい書籍…

  1. 心の在り方
  2. 3 view

今出来ることがベスト!

こんな偶然などあるのだろうか。いったいどれほどの確率なのだろう。自分でも未だに信じられない。だが、その事実が目の前に現れていることは確かだ。ある昼過ぎのことであ…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

人生と困難と物語

これは私が物語を作りを学んだ時に教えていただいた教訓である。昨年十月、私はある先生の元を訪ねた。物語作りのプロで私はすぐに惚れ込んだ。教えをもらっている間、一番…

  1. 心の在り方
  2. 5 view

絶望からの脱出

稲本麻弥はこの日も朝早くから起きてせかせかと動き回っていた。麻弥は家族の中で誰よりも一番に起きる。皆が寝静まっている間に子供と夫のお弁当を作り、洗濯機を回し…

  1. 心の在り方
  2. 5 view

無駄だと思える経験をした時に

思えば、私は小さい頃からの出来事で蓋をしたい、思い返したくないと思えることがたくさんある。三歳から九年間続けた英会話教室は何一つ身にならなかった。専門学…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

問題が起きてしまった後の心構え

時より落ち込むことは誰にだってある。この男、倉山宏和ももちろんその例外ではない。その男は見るからに落ち込んでいた。倉山は失敗をするといつも激しく落ち込んでし…

著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP