1. 最近の記事
  1. 心の在り方
  2. 4 view

小さな賢者の功績【後編】

しかし、黒石は再び立ち上がり胸を張って声を張り上げた。「しかし!しかしこれでは社が良くなるはずもありません!!」皆がまた黒石に振り返る。「これまで我…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

小さな賢者の功績【前編】

公園にあるアスレチックを登っては滑り台からシューっと降りてくる四歳の息子を黒石 藤次(くろいし とうじ)は微笑ましく眺めていた。飽きもせず何度も何十度もひたすら…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

壮大な地獄の中を生きる2

面談当日、男はどうにかなりそうなほど緊張していた。面談会場が近づくにつれて男の緊張はますます大きなものになっていった。ようやく会場となるオフィスのドアの前にたど…

  1. 心の在り方
  2. 3 view

壮大な地獄の中を生きる1

その日、男は何度も自分を恨んだ。あちらの道を選んでいたら楽をすることが出来たのに。どうしてこんな道を選んでしまったのかと。なぜ辛い思いをしてまで険しい道を歩まね…

  1. 心の在り方
  2. 7 view

習慣化の鍵

挑戦するのは嫌だ。続かないし、辛いし、成果は出ないし。瀬沼 加代子は今まで何度も新しいことに挑戦しては苦痛を味わっている。そしてそのたびに挫折も。ダイエット…

  1. 心の在り方
  2. 7 view

使われた天才

ある講演会に参加した佐藤 竜司は講演者のその発言にがっかりとし、幻滅した思いを抱き、はったりだと思っていた。参加者を楽しませようとしていきなりありふれた嘘を言い…

  1. 心の在り方
  2. 5 view

ぬるくなった情熱

星野 翔平がとある大手銀行に入社をした頃、とても興味深いことが起こった。星野はこの銀行の上級職員からどうしてもという依頼があり、この銀行へ入社した。いわゆるツテ…

  1. 心の在り方
  2. 6 view

今が選ぶべき一番のタイミング2

「また怒られた」私は事の経緯を夫に話した。すると夫は語気を強めてこう言った。「なあ、それちょっとおかしいぞ!そいつ異常すぎるぞ!」「そうなのかしら」…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

今が選ぶべき一番のタイミング1

今年保育園に入ったばかりの子供は無邪気に遊んでいる。かと思えば、急に駄々を捏ね始めてひっくり返って嫌だ嫌だと泣き叫んでいる。この朝の慌ただしい時間に勘弁してほし…

  1. 心の在り方
  2. 3 view

もう一つの原動力

夢に向かう原動力って何?そんな風に聞かれれば、情熱とか野望とか答えるのが一般的だろう。だが、もう一つ忘れてはならないものがある。そのことに気がつくまでにはすごく…

  1. 心の在り方
  2. 4 view

合わないなら辞める

「あの人とっても嫌な人ですけど、一緒に頑張りましょうね!」入社したての麻依を励ましてくれたのは一緒に入った同期の美香。と言っても麻依と美香は年齢も違えば、職…

  1. 心の在り方
  2. 2 view

人生はうまくいかないから楽しい

今まで彼ほどまでに不幸な人間を見たことも聞いたこともない。彼ほど人生をあらゆるものに振り回されている人は他にはいないだろうとさえ思えてしまう。平山田 弓子(ひら…

  1. 心の在り方
  2. 3 view

コミュニケーション不足の男

相川 ひかるという男は勉強が好きで、小説やビジネス書を愛読することが趣味と言っていい。それ以外で言えばそこらへんにいる若者と変わりはない。普通に遊びに行きた…

著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP