1. 最近の記事
  1. 考え方
  2. 6 view

壮大な地獄の中を生きる2

面談当日、男はどうにかなりそうなほど緊張していた。面談会場が近づくにつれて男の緊張はますます大きなものになっていった。ようやく会場となるオフィスのドアの前にたど…

  1. 考え方
  2. 5 view

壮大な地獄の中を生きる1

その日、男は何度も自分を恨んだ。あちらの道を選んでいたら楽をすることが出来たのに。どうしてこんな道を選んでしまったのかと。なぜ辛い思いをしてまで険しい道を歩まね…

  1. 考え方
  2. 8 view

年相応だと気にすることは1ミリもない2

真奈美は完全にやらかしたと思った。これは面倒なことになる。「いやいやいや兄さん、これは違うのよ」「何が違うんだ。人のことを上げるだけ上げて落とすのがそん…

  1. 考え方
  2. 7 view

年相応だと気にすることは1ミリもない1

夢に敗れた達也のことを支えてくれるのはかつての起業仲間、中村 真奈美だ。達也が目指していた道を閉ざしたことを公に発表するとその日の夕方には連絡が入った。真奈…

  1. 考え方
  2. 7 view

ぬるくなった情熱

星野 翔平がとある大手銀行に入社をした頃、とても興味深いことが起こった。星野はこの銀行の上級職員からどうしてもという依頼があり、この銀行へ入社した。いわゆるツテ…

  1. 考え方
  2. 9 view

もう一つの原動力

夢に向かう原動力って何?そんな風に聞かれれば、情熱とか野望とか答えるのが一般的だろう。だが、もう一つ忘れてはならないものがある。そのことに気がつくまでにはすごく…

  1. 考え方
  2. 9 view

他人からの評価を気にするとき

「またやっちゃったよ。はぁ〜」加藤 敏之(かとう としゆき)は先月、新しい職場に転職したばかり。転職先に選んだのはモノガタ総合病院の医療事務。患者のカルテ作…

  1. 考え方
  2. 8 view

臆するものとの戦い2

「でも、僕には少し勇気が足りなそうだよ。わかっていても勇気が出せない。僕は君ほど勇敢でも、社交的でもないからさ」「まあ、性格もあるもんな。得手不得手があるの…

  1. 考え方
  2. 13 view

臆するものとの戦い1

人と話すことが怖い。あなたはそう思ったことはないだろうか?宗田 哲也(そうだ てつや)は対人スキルが乏しい人間で、自分でもそのことは自覚していた。人と会話す…

  1. 考え方
  2. 7 view

自分の外の世界を見ると視野が広がる

結婚八年目、 高学歴の夫、今年四歳になる子供。恵まれていてとても幸せな家族。周りからはそう見えるのだろう。立石 來未(たついし くみ)もすごく幸せだった。あの時…

  1. 考え方
  2. 267 view

たとえ若造でも…3

その翌日、店がオープンすると竜矢がやってきた。頼みもしていないのに、携帯を見せつけてくる。「ほら、砂羽からのメール。大切な話があるからここに来るようにだ…

  1. 考え方
  2. 21 view

たとえ若造でも……2

そうして一週間に一度このやりとりが行われ、気が付けば三ヶ月近く続いていた。僕も自分でよくここまでやり続けたなと思う。おかげで砂羽のことがかなりわかってそっちの方…

  1. 考え方
  2. 25 view

たとえ若造でも……1

カウンターの左から二番目に座り熱々のホットコーヒーを頼む常連客。それが女性小説家新村 砂羽(しむら さわ)だ。砂羽はいつも僕にコーヒーを淹れてくれと注文をする。…

著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP