「心の在り方」 一覧

なぜ我々は納豆にタレをかけるのかがわかれば、サービスが加速する

2018/04/30   -学び・学習

なぜ本質的にはタレを使わずに食べた方が健康にいいのに、我々は納豆にタレをかけて食べるのか。これはビジネスにも通ずる本質である。 我々は常日頃から矛盾と戦っている。 本質的なことで言えば、どのような食べ ...

【号外!】人生を変えたい人に送る逆プレゼント

2018/01/27   -心の在り方

【人生を変えるお得情報!】 ある人は私にこう言いました。 「人生はお金じゃないんだよ」 正直に言います。 お金を取りに働いて、私は人生を転落させました。体脂肪率が3%台に落ちるまでガリガリになりました ...

no image

一度は経験する素晴らしさ

2017/10/14   -学び・学習

【すごく成長するから一度はやってみるといい】 4度目の編集が無事終わりました(5度目に突入です。はよ終われ)。編集が楽しすぎて辞められません(はよ終われ) 1度目は断片的に作られた物語のつなぎ合わせと ...

no image

いつもそこに【7】豹変した悪魔

2017/08/16   -心の在り方

充弘が次に気がついた時は病院だった。腕には点滴針らしきものが差し込まれている。意識ははっきりとして来たが、まだ頭が重い。身体中がすごくだるい感じもする。とにかくもう少し瞼を閉じてしまいたい気分だった。 ...

no image

いつもそこに【6】悪さし始めた魔物

2017/08/15   -心の在り方

一ヶ月の練習の後、めぐるが最も簡単なハートを描けるようになったため、早速提供することとなった。しかし充弘が手伝いに来ていた時に、注文されることはなかった。ふんわりタワーパンケーキの出も、ものすごく悪い ...

no image

いつもそこに【5】戦い抜くために

2017/08/14   -心の在り方

それから充弘は本業のプログラマー、週に一度の夜間学校、週末は『くりっと』の新装準備に追われる日々を過ごしていた。開店も近づきつつある十二月のはじまり。 「兄さん。休めば」 大政はとても迷惑そうに話す。 ...

no image

いつもそこに【2】近寄る刺客

2017/08/09   -心の在り方

それは前回訪れてから間も無くのことであった。 大政から「今度は報告してやる」というすぐにでも説教をしたくなるメッセージを受け取り、何事かと仕事帰りに店を訪れた。客は残念ながら、数名がバラついている限り ...

no image

ぶっ飛び経営者【4】選択の時

2017/07/12   -心の在り方

家に着いてもこの話題が頭から離れることはなかった。 大きな失敗をした。 このことが頭をよぎるたび、胸が苦しくなる。 しばらくの間、小金井はそのことに支配されていたが、次第に考えを張り巡らし始めた。 ど ...

no image

小さな賢者の功績【前編】

2017/06/18   -心の在り方

公園にあるアスレチックを登っては滑り台からシューっと降りてくる四歳の息子を黒石 藤次(くろいし とうじ)は微笑ましく眺めていた。飽きもせず何度も何十度もひたすら登り、無邪気に滑り台から滑り降りてくる。 ...

no image

習慣化の鍵

2017/06/10   -心の在り方

挑戦するのは嫌だ。続かないし、辛いし、成果は出ないし。瀬沼 加代子は今まで何度も新しいことに挑戦しては苦痛を味わっている。そしてそのたびに挫折も。 ダイエット、早起き、自己投資、ブログ運営、セミナー講 ...

no image

合わないなら辞める

2017/05/15   -心の在り方

「あの人とっても嫌な人ですけど、一緒に頑張りましょうね!」 入社したての麻依を励ましてくれたのは一緒に入った同期の美香。と言っても麻依と美香は年齢も違えば、職種も違う。共に中途採用だが、専門職として一 ...

no image

人生はうまくいかない

2017/05/10   -心の在り方

今まで彼ほどまでに不幸な人間を見たことも聞いたこともない。彼ほど人生をあらゆるものに振り回されている人は他にはいないだろうとさえ思えてしまう。平山田 弓子(ひらやまだ ゆみこ)は秘書として長年この不幸 ...

no image

コミュニケーション不足の男

2017/05/04   -心の在り方

相川 ひかるという男は勉強が好きで、小説やビジネス書を愛読することが趣味と言っていい。それ以外で言えばそこらへんにいる若者と変わりはない。 普通に遊びに行きたいと思っているし、恋愛をしたいとも思ってい ...

no image

伝えなくてはならないこと

2017/04/22   -心の在り方

山本 あやめは人に言えない悩みがあった。本人にはそれが悩みを呼べるものなのか、人に打ち明けて良いものなのか、悩んでいるのはこの世の中で自分だけなのではないかと思い込んでいたので、知らずのうちに言えない ...

no image

悩みに押しつぶされそうな日

2017/04/07   -心の在り方

  守道 聡美(もりみち さとみ)はもう何度泣いたかわからなかった。街は明るい桜の季節なのに、聡美の心は真っ暗闇もいいところで、常にどんよりとした気持ちを抱えていた。全てあいつのせいだ。とは ...

Copyright© ストーリーテリング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.