1. 最近の記事
  1. 5 view

いつもそこに【完】突き進む勇気の先に…

「充弘はそれで後悔しないわけっ?!」突然、部屋の入り口から声がする。「小百合?!…ぅぐ」激しい頭痛に顔を歪める。「ちょっと、なんでここに?!って…

  1. 6 view

壮大な地獄の中を生きる2

面談当日、男はどうにかなりそうなほど緊張していた。面談会場が近づくにつれて男の緊張はますます大きなものになっていった。ようやく会場となるオフィスのドアの前にたど…

  1. 3 view

壮大な地獄の中を生きる1

その日、男は何度も自分を恨んだ。あちらの道を選んでいたら楽をすることが出来たのに。どうしてこんな道を選んでしまったのかと。なぜ辛い思いをしてまで険しい道を歩まね…

  1. 7 view

使われた天才

ある講演会に参加した佐藤 竜司は講演者のその発言にがっかりとし、幻滅した思いを抱き、はったりだと思っていた。参加者を楽しませようとしていきなりありふれた嘘を言い…

  1. 5 view

ぬるくなった情熱

星野 翔平がとある大手銀行に入社をした頃、とても興味深いことが起こった。星野はこの銀行の上級職員からどうしてもという依頼があり、この銀行へ入社した。いわゆるツテ…

  1. 13 view

たとえ若造でも…3

その翌日、店がオープンすると竜矢がやってきた。頼みもしていないのに、携帯を見せつけてくる。「ほら、砂羽からのメール。大切な話があるからここに来るようにだ…

  1. 11 view

たとえ若造でも……2

そうして一週間に一度このやりとりが行われ、気が付けば三ヶ月近く続いていた。僕も自分でよくここまでやり続けたなと思う。おかげで砂羽のことがかなりわかってそっちの方…

  1. 11 view

たとえ若造でも……1

カウンターの左から二番目に座り熱々のホットコーヒーを頼む常連客。それが女性小説家新村 砂羽(しむら さわ)だ。砂羽はいつも僕にコーヒーを淹れてくれと注文をする。…

  1. 6 view

諦めることで見える新たな道

『諦めるというのはネガティヴなことだけでない。諦めることで新たな道が光り輝く』私には夢があった。イノベーションを起こし、世界を変える事業を作るんだと。…

  1. 5 view

それは絶望かそれとも希望か

その日は朝から絶望感でいっぱいだった。「私が費やした5年間はいったいなんだったのだろうか」この事実に気がついたとき、深い暗闇の中にいるみたいだった。彼は…

  1. 3 view

やりたいことをやっている人は生きが良い

『好きなことをやっている時、人はニコニコと笑い活き活きとする。その表情からは若々しさが溢れ出ている』さて、神輿で学んだ最後の教訓をお話ししよう。一つ新たな試…

著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP