楽しく読めて好かれる、心を動かす物語

  1. イノベーションハウス
  2. 6 view

【不定期更新】からくり時計のビジネスアイデア

『イノベーションとは何も画期的で新たなものでなくてはならない。というわけでもない。今あるものを変化させることも立派なイノベーションだ』

私は運転中よく看板や建物の外観、走っている車などを観察し、何か良いアイデアはないかな?と思考を巡らせています。

そして、看板を見てはそのキャッチコピーじゃお客は買わないだろう。私だったらこうするのに。

といった遊びをしょっちゅう行っています。

街中はアイデアの宝庫なのです。
新たな道を進むことは私にとって楽しみの一つでもあります。

私が先日、車を走らせていた時のことです。
いつものように色々なものを観察していたところ、通り過ぎざまにある看板が目に飛び込んできました。

古く何の装飾もないシンプルなテキストのみの看板。

その看板には「桜時計」とだけ書いてありました。

私は桜時計というものをまったく知りませんでしたが、おおよそ桜の花びらがモチーフとなっている時計。

もしくは、桜の木を使った時計なのだろうと予想することができました。

と、この桜時計のことを想像した瞬間、私の頭の中にあるアイデアが浮かんできました。

「時計の盤面は12。1年というのも12。そして、日本には四季がある。

この1年の移りゆく様を盤面上で表現することはできないだろうか?
例えば長針と短針は木の枝をモチーフとして盤面には大きな木と空が描かれている。

そして、4時になったら桜が花開く。
5時になれば、こいのぼりが空を舞う。
8時には夏の暑さを彷彿とさせるサンサンと照らす太陽。
10時には紅葉し、12時を迎える頃にはきれいな雪景色。

こんなからくり時計ができたらとても面白いではないか。技術的に難しいのかもしれないが、量産することができたら、面白いものになる。」

そう思ったのです。
こんな時計があったら面白いな~そう思い、車を走らせていきました。

今後不定期でビジネスアイデアのご提供を行っていきますので、次回更新もお楽しみに!

本日の教訓

■街にあるものをよく観察してみよう

普段何気なく見ている看板にはビジネスのヒント、アイデアの源泉となるものが数多く眠っている。

ただ通り過ぎるだけではなく、いろんな物を観察してみよう。新たな発見を得られるかもしれない。

スポンサーリンク

イノベーションハウスの最近記事

  1. Kindle Unlimitedは市場を破壊するのか?

  2. 今はもう古くなってしまったものを見直す

  3. 世界を揺るがす3Dプリンター

  4. 本格ピザ食べ放題があるなら本格サラダ食べ放題は?!

  5. 【不定期更新】からくり時計のビジネスアイデア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP