1. アトピー性皮膚炎のこと
  2. 112 view

脱ステロイド5カ月目まで症状~順調に肌が出来始めるが、未熟だと知る~

脱ステを開始してから4カ月が経つと肌も再生を開始し始め、少しずつであるが回復を兆しを見せ始める。
回復するペースは患部によって異なり、また人によって治る箇所も異なるのだそうだ。
僕の場合は顔が一番初めに回復の兆しを見せ、次に肘から下の手首まで。次に二の腕、体という順に回復をしていった。

肩の裏から肩甲骨にかけてはなぜかここだけが症状がひどく、広範囲に渡りかさぶたが出来る状況で、足は全体的に赤く、これまた膝裏とすねとに広範囲でかさぶたが出来ている状況であった。
4か月目に差し掛かるまではかさぶたが出来ることもなく、肌がつき始めただけでも進歩と言っていい内容であった。

とはいえ、かゆみは相変わらずと言っていいほどに襲ってくる。
見た目の症状は良くなってきてもかゆみというのは、どこまでも襲い掛かってくるということを覚えておいてもらいたい。

だが、ここからの動きは緩やかになるものの、肌は順調に回復をたどっていく。
では、5カ月目までに起こる症状をまとめていこう。

どうやら、症状は同じような順をたどって回復へと向かっていくらしい。
一気に全身に症状が出て治るというわけではなく、患部に出る症状がまちまちであるというのは僕にとっては幸いなことであった。

一度に全身がかゆくなってしまうのは耐えかねぬ辛さがある。
箇所が集中していると「他は良くなっているし、まあいいだろう」という気にもなってくる。
回復している箇所を見れるということは精神的にもやすらぎを得られる。

この時点ではまだ大きな変化は訪れていない。
相変わらずひどい患部には赤みがかっており、かゆくてかきまくることを繰り返していた。
しかし、それでも脱ステ・脱保湿を続けていると本当に少しずつでしか進まないが、肌の赤みが引き、かさぶたも減り始めていく。

ちなみにこのころは寒暖差と花粉の影響でしょっちゅう激しいかゆみに襲われていた。
特に暖かくなった時よりも寒くなった時の方がより激しさを増してかゆみを誘発する。
体は本当に正直なもので、朝起きた瞬間から激しいかゆみを伴ってくる。もうこうなった日は経験上どうしようもない。

ただ、その日が過ぎ去ることをぐっと耐え忍ぶのみだ。
大丈夫。その日は辛くとも長い間続くことはないし、それでも皮膚はしっかりと回復している。

3カ月目までは1日に何度も発作が起き、2時間以上かくことも少なくなかった。
しかし、この時あたりからは朝起きた時、着替えの時、床に就いた時と発作が起きる回数は目に見えて少なくなっていったことを覚えている。

日中必ずといっていいほど襲ってきた激しい発作がないというだけでもかなり楽になってくる。

ようやく5カ月が経とうとしたとき、一番ひどい患部であった膝裏に動きが出来始めた。
ジュクジュクとして不快感を感じていた膝裏からようやく落屑が始まるようになったのだ。

スポンサーリンク

ツイートにも書いている通り、落屑し始めると同時にかゆくなるのだが、回復の一途をたどっていることには変わりがないので、喜ばしい。

が、しかしだ。これが本当にかゆい。まだ皮膚もでき始めたばかりの軟弱なものなので、少しかくだけで薄皮がすぐにめくれ、またそれが広範囲に渡りかさぶたを作る。
この繰り返しを行う1か月だった。とにかくかさぶたはかゆいし、かくと血が出るし、べっちょりとした不快感を与えてくるし、固まりすぎると痛いし。なわけだったが、それでも肌がつくということは回復しているということなので、前向きにとらえていこう。

この時期というのは、肌がつき始め、回復の早かった患部はかなり軽快していく。
もっとも症状がひどかった箇所は回復が早かった患部の初期症状のような動きを見せていく。
とはいえ、まだ肌は未熟なのでかけばすぐに薄皮がめくれ、ジュクジュクする場合もあるし、広範囲に渡りかさぶたが出来る。
このかさぶたがかゆいし、痛いが回復している証拠。毎日かきむしっていても観察しているとかさぶたになる範囲は少しずつ少なくなっているので、安心してかいていい。

発作が起こる頻度は少なくなり、精神的に負担が少なくなってくる。

また、脱ステを開始し始めたころは強烈なかゆさに襲われ続けていたので、自律神経がかなり乱れていたと思う。
少し音を聞くだけで「うるさい!!」と怒鳴りたくなるほど心は常に追い詰められていた。
ようやくこのころあたりになって、少しずつ平穏を取り戻せるようになってきた。

ちなみに、このあたりのころはひっかくことに注意を払い始め、神ツールを手に入れることが出来たのでご紹介したい。

ガラス製爪やすり 大小2個セット 水洗い可 子ども 携帯用 つめやすり

この爪やすりが本当に買ってよかったと思える素晴らしいアイテムであった。
とにかく爪がきめ細やかにやすれる。なので、肌を傷つけにくい。

価格は少々張るが、お手入れも楽なので、買って損はしないだろう。
詳しくは近々レビューしようと思うておるが、通常の爪切りに付属しているやすりとは仕上がり方がまるで違うということだけ伝えておこう。

通常のやすりでは表面が鋭く角ばっている感覚に対し、これで仕上げた時は丸みを帯びている感覚だ。
大切な肌を守るために重宝したいアイテムである。

アトピー性皮膚炎のことの最近記事

  1. 医師も教えてくれない糖質制限をうまく行う方法

  2. 脱ステを成功させるためにもっとも必要なこと

  3. 脱ステ8カ月目までの症状~変化はわかりにくいが、回復はしている~

  4. 全然良くなってないじゃん!!と思うたときに読みたい処方箋

  5. 脱ステ実行中で脱入浴をしている人以外見ないでください。人によってはちょっと汚い話。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著書紹介


特集記事

作田勇次の思うてること

PAGE TOP