楽しく読めて好かれる、心を動かす物語

  1. 自己紹介
  2. 3 view

欲しいもの=目標に到達する一助になるもの

スポンサーリンク

『物欲を働かせるのは良い。それが目標到達の一助となるのであればなお良い』

本日も少し私のこと(私がどれほど変人なのか笑)を知ってもらいたい。
ここ2日間に渡って、私はビジネス以外にはあまり興味がないという話をした。

余談だが、TVのゴシップネタにも興味がない。誰と誰が結婚しただ、破局しただ、捕まっただなどには興味はない。私の人生に何の影響も及ぼさないからだ。

私が興味を惹かれるのは私の人生に影響を与えるもののみ。

こんなことを言うと、

「つまらない」
「楽しいの?」

と言われるという話はしたが、もう一つ言われることがある。

「物欲とかないの?」だ。

高級車に乗りたい、高価なものを手に入れたい、豪遊したい。それらの欲は全くない。
代わりにあるのは、お金持ちになったら、事業投資がしたい。新たなテクノロジーを開発したい。という想いだ。

物欲は確かにない。
いや、正確にはないわけではない。

私にも多少なりとも物欲はある。
お金も欲しい。

だが、それは目標達成のためにどこまで役に立つものなのか。その基準に従って物欲が発動する。

例えばアマゾンの欲しいものリストには、本しかない。

ストーリーテリングに関するもの。
マーケティングに関するもの。
経営に関するもの。

これらしかない。

今の目標に到達するために一番手ごろなものだからだ。

また、誕生日になると、妻から毎年プレゼントは何が良いかと聞かれるが、物の見事に今まで「本が欲しい」ということしか言っていない。

普段でも何か欲しいものは?と聞かれれば迷わず、「本」と答えている。

それが目標を達成するためには一番いいからだ。それ以外のものに興味はない。

私は変人なのかもしれない。

本日の教訓

■目標に沿った物を手に入れよう。

自分の欲しいものの考え方を押し付けるわけではないが、物欲を働かせるのなら目標に沿ったものにしよう。

無駄なものに浪費してしまうことが無くなるはずだ。

自己紹介の最近記事

  1. 物語は心に響き、人を行動へ導く

  2. 欲しいもの=目標に到達する一助になるもの

  3. いつも変わってるね。と言われる私の趣味

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP