環境・行動

話の種が尽きないように対策を打とう!

投稿日:

{8BE79F31-B769-4053-B8F7-A5787AA77D19}

『話の種がなくなったらどうしよう!?と思うのは仕入れ元が少ないからなのかもしれない。』
時々思うことがある。
毎日このペースでブログを書き続けていたら、いつか話の種が枯渇してしまうのではないかという悩みだ。
ブログを書いているものなら誰しも一度は悩む問題なのではないだろうか。
幸いなことに今はまだ書きたい内容が、数10件ほどあるのですぐに困るわけではないが、それでも不安はある。
話の種が1000件を越えたらもっと安泰できるのだろうか。
とはいえ、いきなりそこまで貯蓄が増えるわけでもない。
では、どうしたらいいのだろうか。
よく聞く話だとブログを毎日書くようになると、自然と書きたいことが溢れてくる。や、身近なものがすべて話の種になる。ということだ。
あながち間違いではない。
私も人と会えば教訓を学ぶようになったし、日々小さなことにも目を向け気づきを得られるようになった。
だが、しかしこれではあまり参考にならない。
それにそういった出会いが訪れるかは運次第ということもあり、非常に不安定だ。
これを解決する方法はあるのだろうか?
私が思いついたのは二つ。
まずひとつめ。
このブログでも度々言っているが、人と会うこと。それも会う回数を増やすこと。
人と出会って何回かに一回教訓を得られるのであれば、その回数が多ければ多いほど良い。
これは当たり前だ。
単純に当たり確率を増やせばよい。
ふたつめ。
これも非常にシンプル。
それは片っ端から本を読みまくることだ。
書ける情報を手に入れるためにとにかく情報を集めまくるのだ。
ひたすら読む。
時間があれば読む。
遊びに行く代わりに読む。
本を買ってもいいし、図書館で借りるのも良い。オーディオブックもある。今はKindle Unlimitedで月額980円で読み放題である。

そこで良い種が見つかれば、自分の体験を交えて、自分の言葉にして掲載する。

パクれば良いと言っているわけではない。
情報を積極的に集めようと言っているのだ。


特に本を読む行為であれば、忙しい時でも外に出れない時でもいつでも実行することができる。

お金もあまりかからない。

もちろん、本にも良いものと悪いものがあるので、必ずしもというわけではないが、少しでも可能性の幅を広げておくことは役に立つ。


本日の教訓
■話の収入源を複数携えよう
もし今のあなたが書くことに少しでも不安を感じているのなら以下のことにチャレンジしてみよう。
・今までと違うところへ行く
・今までと違う人と出会う
・今までと違う本を読む
簡単に言うと今までと違う行動を取ろうということでもあるのだが、私が言いたいのは、話を得られる収入源を複数用意しようということなのである。
一つの収入元では、アクシデントに見舞われた時、一気に枯渇する、もしくは単調になる恐れがある。
そうなっては致命的だ。そうならないためにも、話の収入源は複数確保しておこう。
・筆者「ファンサンエブリー作田勇次」アカウント 
https://www.facebook.com/yuji.sakuta.86
(ファンサンエブリー以外でもスタートアップに関する記事などの良記事があれば、シェアを行っています。フォローはお気軽に)
・ファンサンエブリーアカウント
https://www.facebook.com/funsunevery/
(フォローしていただければ、最新記事をタイムラインにお届けいたします。ブログ以外の情報も掲載しています)
・Twitterアカウント
(ふとした気づきやビジネスに関する記事のシェアを行っています。良いツイートはリツイートも)
こんなストーリーを書いてほしい。というお問い合わせはこちらからどうぞ

おすすめ記事一覧

-環境・行動

Copyright© ストーリーテリング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.