独り言という名のショートストーリー

葛藤というものは常につきまとうもので

投稿日:

【最近の困っていること】

最近困っていることと言えば、もっぱら文字数が多いということである。個人的には減らそう減らそうと努力しているつもりなのだが、辻褄を合わせに細かく設定を書いているうちに長くなってしまう。もちろんそれなりに面白さは以前よりも増したとは思うのだが、とにかく長い。

別に長くても面白いのであれば問題ないのでは?と言われれば確かにそのとおりで、その点においては全く気にしていない。

ただ。ただである。現在執筆中の著書。冒頭付近ではおそらく一つの物語は約2,000文字に留まっているものがほとんどだと思うのだが…

直近の物語では平気で7,000文字とかを超えてしまう。一つの著書としては全体のバランスを一定の文字数で整えたいものなのだが、どう考えても最近のは長い。長すぎる。でも、短い物語が書けない。どうしたものだろうか。

出来れば全て書き終えた後に、一から書き直してやりたいくらいなのだが、そこまでしてたら著書は出せないし、とにかく今は完成のみを目指して頑張ろう。

という葛藤。無心で頑張ろう。

ああ、それにしても長い。



・筆者作田勇次アカウント 
・Twitterアカウント
(フォローしていただければ、最新記事をタイムラインにお届けいたします。)

創作仲間募集中です。

おすすめ記事一覧

-独り言という名のショートストーリー

Copyright© ストーリーテリング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.