仕事・ビジネス

特化するから光り輝く。特化するから鋭さを増す

投稿日:

{F0C759BA-DF82-43D0-AD26-68B7D3D7D738}

『まず輝きを放つことだ。ニッチに絞って強烈に光り輝こう。まるでそこだけを照らすスポットライトかのように。輝きはそこから順々に広げていけば良い。』
まだ知らない人も多くいると思うが、一部のネットユーザーに絶大な人気を集めている天才ドラマーがいる。
2013年に初投稿してから瞬く間に大ヒットとなり、今でもじわじわとその人気を伸ばしつつある。
彼がすごいのはあるジャンルに特化していること。原曲を忠実に再現しつつ、メタルにアレンジを加えていること。その安定性。
そして、編集の面白さだ。
彼の動画を一度見たら、やみつきになること間違いなしである。
私はいつも元気をもらいたい時、その動画を見て自分を鼓舞している。それほど魅力あるドラマーなのだ。
彼が特化しているジャンルがまた面白い。
他のみんなが知っているジャンルの曲をやれば、もっと人気が出るだろうに。といつも思うのだが、彼は一つのジャンルにしか手を出さない。
だが、彼が一部のユーザーから絶大な人気を得ている理由がここにある。
もし彼がジャンルを問わず、投稿していたのならここまでの人気を博していることはなかっただろう。
すごくニッチな分野に絞っているからその存在感が輝きを放っているのだ。
これはマーケティングでも同じ。
いきなり全てのマーケットを攻略するのではなく、攻略地点を一つに絞ってまずはそこに攻め入る。
そして、攻略出来たら、次のマーケットを目指すのが一般的だ。
彼は今一つの分野を攻略しつつある。
その分野とはゲーム楽曲だ。
それも、1980年代生まれの人にとって
「あぁ!その曲当時から好きだった!」
「うわっ!マニアックなところ攻めてくるなー!ゲーマーにはたまらないよ!」
といった曲ばかり選曲して叩いているのだ。
ファイナルファンタジー、クロノトリガー、ロマンシング・サガ。
80年代の人なら誰でも一度はやったことがあるだろう。
このゲーム楽曲に特化しつつ、さらに私の年代は興奮するであろう曲に特化していることが熱烈なファンを生み出している。
その天才ドラマーの名は
「ダイナ四」
だ。
{8D8ADEF4-E6C3-4A1F-8E9C-9C109A6B609C}
覆面を被り、上半身は裸でドラムを激しく叩きまくっている。彼の素性は一切わからないのだが、その姿は「ダイナマイト四国」を真似たものらしい。
動画を何本か見ていると時より
「しっこく!しっこく!」
としっこくダンスを取り入れているところも面白い点だ。
何はともあれ動画を見てもらいたい。
私が一番好きなもので、もっとも再生回数の多い動画。
「ビッグブリッヂの死闘」
再生回数が間もなく100万に近づきつつある。

他にもFF6のボスバトル、ロマサガメドレー、面白いものだと「エアーマンが倒せない」などがある。


是非、一度ご覧いただきたい。
時より出てくるダイナ四氏とゲームがコラボした編集にも注目である。

{6FA62BDD-0E57-4C9C-8840-23251E8D426A}


本日の教訓
■ニッチに特化してマーケットを攻め入ろう
一流の技術を持っていたとしても、多岐に渡るジャンルを一気に攻略しようとすることは破滅を生む。
どこかニッチな分野に絞るからこそ、印象がひときわ目立つものとなるのだ。
特化して目立つ存在になるまでは辛抱が必要である。我慢できずにあれこれやりたくなるが、ぐっと堪え、一つに特化しよう。
・筆者「ファンサンエブリー作田勇次」アカウント 
https://www.facebook.com/yuji.sakuta.86
(ファンサンエブリー以外でもスタートアップに関する記事などの良記事があれば、シェアを行っています。フォローはお気軽に)
・ファンサンエブリーアカウント
https://www.facebook.com/funsunevery/
(フォローしていただければ、最新記事をタイムラインにお届けいたします。ブログ以外の情報も掲載しています)
・Twitterアカウント

(ふとした気づきやビジネスに関する記事のシェアを行っています。良いツイートはリツイートも)

おすすめ記事一覧

-仕事・ビジネス

Copyright© ストーリーテリング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.