考え方

悪いテクニックは人の弱みをついてくる

投稿日:

{1F98FDE7-B97E-489E-9D8A-BA13763E183C}

そうは言っても彼らのやり口はとても巧妙である。彼らはあの手この手を織り込んで、攻め入ってくる。
実は私も友人に偉そうな口を叩いておきながら、まんまと騙された一人だ。
当時社会人になりたての私は、とにかく未熟だった。言われたことが全て正しいように聞こえていた。友人がかかってしまったテクニックのことはたまたま知っていたから忠告できたが、その他のことはいつ騙されてもおかしくないほどであった。
この話が恋愛となればなおさらのことだ。
当時の私はある女性とお付き合いしていた。
あまり経験のなかった私はかなり有頂天になっていたのだと思う。
(側から見ると「あぁ、若いなぁ。まだ経験がないんだな。」と思えるあの感じである)
彼女のためならなんでもしてあげたい。と思う気持ちが強かった。
そんな頃、私の携帯に一本の電話がかかって来た。
出てみると、何やら豪華景品が当たったので取りに来て欲しいという電話だった。
特に何かに応募した記憶はなかったが私は何も疑うことなく、もらえるなら。とまんまとその場所を訪れた。そして、景品をもらい帰ろうとする私を営業員は止めた。
もっと良い特別なお話がある。今しか聞けないお得な話なんだ。と営業員は告げた。
物をもらったこともあり、私は話を聞くことにした。話はとても良い話にまとめられていた。
要約すると数年後に結婚を考えているのなら、今のうちに指輪だけローンで手に入れて、その返済を今からコツコツしようという内容を感動的なものにした話だった。
私はその話を聞いてなるほどなと納得した。話は何も間違ってはいなかった。とても本当っぽく良いところが上手くまとめられていた。
だが、金額が驚くほど高かった。通常で買える指輪の2倍近くの値段だった。しかし、私は指輪の相場など知らず、営業員に上手く丸め込まれていた。
今なら相場観を調べるなど、即座に決定せずに情報収集をするだろう。当時の私はそんなことはつゆほども思わず、親切にしてくれる営業員の話にすっかり魅了されていた。
景品もくれたし、特別な話もしてくれたし、いつかは必要なのだから今契約したって変わらないじゃないか。高いように感じるけど、相場はこんなものだというし、品物の品質もかなり良いというし、何より彼女のためだ。買おう。
こうして私はまんまと乗せられて高額な契約書にサインをした(のちに質屋に指輪を持っていったらまるでお金にならなかったので、完璧にハメられたことが発覚した。とほほ。)
この話が恋愛に関するものでなければ、こうもあっさりとハマらなかっただろう。ではなぜ私はこうもあっさりと引っかかってしまったのだろう。
それは当時の私にとって、恋愛は超重要事項であったからだ。その超重要で大切なことを揺さぶられ、緊急で期限付きだと煽られれば、人は冷静さを欠く。
その状態でいれば、丸め込むのもそう時間はかからない。彼らは人の一番頼ろうとしているところをついてくるのだ。そして私はあっさりと騙された。

この日から私は情報は鵜呑みにせず、必ず本物の情報なのか確認するようになった。おかげで今日までこれ以外の悪徳商法に引っかかったことはない。

彼らはあたかもあなただけに特別な情報を提供しているというセールストークを行ってくる。その言葉はどれも魅力的なものだ。だが、これらの言葉は決してあなただけに言っているわけではない。

よく考えればわかることだが、なぜ偶然知り合っただけのあなたにあなただけの特別な話を言うのだろうか?そんな都合の良い話はない。都合よくそう見せかけているだけなのだ。

彼らは人の弱いところをついてくる。騙されないためには本質を掴むしかない。
・筆者作田勇次アカウント 
https://www.facebook.com/yuji.sakuta.86
(フォローしていただければ、最新記事をタイムラインにお届けいたします。ブログ以外の情報も掲載しています)
・Twitterアカウント
(ふとした気づきやビジネスに関する記事のシェアを行っています。良いツイートはリツイートも)

おすすめ記事一覧

-考え方

Copyright© ストーリーテリング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.