学び・学習

一度は経験する素晴らしさ

投稿日:

【すごく成長するから一度はやってみるといい】

4度目の編集が無事終わりました(5度目に突入です。はよ終われ)。編集が楽しすぎて辞められません(はよ終われ)

1度目は断片的に作られた物語のつなぎ合わせと誤字のチェック。記事掲載時、入念にチェックしたはずなので、誤字はないかと思いきや…ええ。それはもうたくさん。

2度目はファイル変換に失敗したので(ワードからでんでんコンバーダーの変換が出来なかった)、tera padだったかな?というソフトにコピぺ。すると、全行に?マーク。5,700行、全行に?マーク!!!全行に!!!それはもう険しい作業でした。そして、自分の文章に句読点が圧倒的に少ないことに気がつき、途中から句読点をやたらと入れます。誤字はまだある。

3度目。2度目の編集でファイル変換はクリア。実際のKindle端末でプレビューしてみます。

ええ、誤字もあるし、一段落としは出来損ねてるのあるし、見出しの大きさも違うし、マラソンスタートですよ。おまけに変に句読点なんてつけたもんだから、点の位置おかしくて読みづらくなりましてね。また編集。

もう終わりかと思った4周目。これはもう完璧な状態の編集ですぞと。完成してるのみるだけですぞと。思うたらですね。まだ誤字と段落とし見逃してるやついるんですよ。いや、もうよくここまでかいくぐってきたなお主思うたんですけどね、編集。

したら、私あることに気がついてしまったんですよ。いや、2週目あたりからうすうす気がついていましたけどね。言葉選びが似てるんですよ。だいたい最後の行になると

『それから』○○はどうなった的な結末で、それから星人かよって思うくらいそれから多くて多くて。んでもってもう一つ気がついたのが…やたら主語が多い(笑)

「その時私はこう思った。私はこうしたかったんだ。私は今まで何をしてきたんだ。私は…」

「問題は解決されていなかった。問題は解決されたのではなく、蓋をされていただけだったのだ。問題を解決させるには…」

くどい(笑)

途中から気がついたもんなので、マラソンは確定(で、今5週目)。というか編集してると途中あたりから成長してまして(自分比)、気がついてしまうんですよ。なんせ15万字くらいあって、文字を1字1字追ってますから自然と見えてきてしまうんですね。

そんなわけで着々と内容が良くなっている(自分比)わけなんですが、ブログ書いている人にはKindle本でもいいから本書くのオススメします。出来れば、はじめは自分で編集するのもオススメです。

一つの記事を書いているだけではわからない自分の癖が、それはもうバンバン出てきて、嫌というくらいに主張してきますから(笑)

それに気がつけたらレベルアップ間違いなしで、本も出せて、良いことずくめなので本書いたらいいと思います。ほんとに。



・筆者作田勇次アカウント 
・Twitterアカウント

(フォローしていただければ、最新記事をタイムラインにお届けいたします。)

おすすめ記事一覧

-学び・学習

Copyright© ストーリーテリング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.