独り言という名のショートストーリー

いくつ自分を否定することが出来るか

更新日:

【人生は変革である】
突然『あっ、これじゃダメだ』って思うことがないだろうか。先日も『あっ』と突然、あることに気がついた。
以前から成功者は人と違う行動を取るという法則のことは知っていて、真似ようとしていた。
皆と同じように結婚したら家を建てる。生命保険に入る。転職せず、安定した道を選ぶ。飲み会に参加する。
このように皆が当たり前のようにやっていて、そういうもんだからやる的な流れには逆らい続けていた。もちろん、ただ逆を行くだけではなく、その理屈も踏まえた上で。
おかげで無駄なことに時間を取られることはなくなり、資産も守ることができている。
ただ、まだ成功から遠いところにいて、前に進んでいる感覚が持てない。
そこで、先日のブログであげたように行動を変えることにした。その時、『あっ』と気がついてしまった。
それは成功者とは他の人と行動が違うだけではなく、考え方も違うのではなかろうか。ということだ。
思い当たる節がいくつもある。
人の目なんて気にしない。
誰にも真似されないくらい尖る。
一人で戦わず、仲間を作っていく。
彼らの行動を真似るだけではなく、考え方にも成功のヒントが込められているということに気がついた。
私はどこか成功者の考えに乗れず、そうじゃない自分のやり方で成功してやろうと思う点がいくつかあった。
しかし、それで上手くいかないということは私のやり方が間違っているということなのだろう。
文章だけで勝負する。ということで、今まで画像を使うことがなかったが、もしかしたら変えなくてはならないのかもしれない。

おすすめ記事一覧

-独り言という名のショートストーリー

Copyright© ストーリーテリング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.